読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

キャンピングカーの車庫証明・自動車保険・下取り車の売却:納車までにやっておくこと

キャンピングカー購入記(トイファクトリー・バーデン)⑦

 

バーデンのオプションの注文も完了し、いよい気の遠くなる納車待ち状態に。

これは本当に長かったです。

一日千秋の思いをここまで味わったのは人生初体験

 

目次

 

普通車とキャンピングカー:納車までの動きの違い

キャンピングカーの場合、普通車の購入は大きく3つのの違いがあります。

  1. 車庫証明の手続きを自分で行う
  2. 自動車保険の手続きが煩雑
  3. 納車待ちがとにかく長い 

 

車庫証明手続き

f:id:ayuman18:20170122171953j:plain

車庫証明手続きそのものは簡単です。

納車が近づくと購入先から、車庫証明取得のための書類が送られてきます。

これが納車の足音みたいなもんですねw

 

私もトイファクトリーから、納車の20日ほど前に送られてきました。

 

車庫証明取得に必要なもの

f:id:ayuman18:20170122171701p:plain

f:id:ayuman18:20170122171813j:plain

 

車庫証明取得の作業

  1. 駐車場がどこにあるのかとその配置を自筆で記載(ちょっとした作図です)
  2. 自宅に駐車場があれば自認書、借りているなら大家さんに書類を書いてもらいます。
  3. 警察署に作成した書類を提出
  4. 後日、警察署に発行された車庫証明を取りに行き、購入先へ送付

 

なお警察か委託業者なのか分かりませんが、駐車場はきちんと調査にきます。

 

キャンピングカーで新たに駐車場を借りるのは意外と困難

この中で面倒なパターンは、②でキャンピングカーの為に駐車場を改めて借りるケースでしょう。

 

特に都心部では「キャンピングカーというだけで断られる」ケースも多いらしく、駐車場探しが難航する場合が多いようです。

証明書発行の手数料も必要になりますので、

 

いずれにしても、駐車場は早めに借りておいて、車庫証明を出す時に慌てないことが一番大切です。駐車場が見つからずに納車が遅れるなんて悲しいですからね。

 

キャンピングカーの自動車保険

f:id:ayuman18:20170122165220j:plain

実はキャンピングカーの保険はかなり面倒。

特にネット系の損保に加入している方は注意が必要です。

 

ネット損保はほとんどがキャンピングカーは加入不可

私は三井ダイレクト損保に加入していましたが、納車寸前に車両の入れ替えを申請したところ「キャンピングカーは加入できません」とのことで大騒ぎ。

あわてて会社の保険事業部で探してもらい、なんとか東京海上日動火災保険で加入できました。

 

調べてみるとネット系損保のほとんどが、キャンピングカーは加入不可。仮に加入できても車両保険はダメみたいですね。

 

さらに保険期間中に保険会社を変更するのがまた面倒。

三井ダイレクトに特殊対応してもらい、追加料金は発生しませんでしたが、新たな加入先は予備検査証で加入可否の判断はしてくれるものの、正式な加入は車検証が必要とのこと。

 

納車当日は、加入していたネット損保・自社代理店・トイファクトリーの三者とそれぞれやり取りが発生して大変でした。

 

自動車保険料もアップ

ちなみに自動車保険料は大幅アップ。高額なキャンピングカーですから、車両保険をかけないわけにもいかないので仕方ないですね。

しかし車両保険の上限は、基本的に車両本体価格まででした。オプションが高額になるほど車両保険でカバーできない部分が増えてしまいます。 

 

いずれにせよ、キャンピングカーの自動車保険は、加入可否だけでも早めに確認しておきましょう。

 

保険に関するポイント

  • キャンピングカーはお断りの保険会社がある 
  • 保険期間中に保険会社を変更するのはかなり面倒
  • 自動車保険料はアップ
  • 車両保険は車両本体価格までが基本

 

車の売却:下取りよりも専門店への売却がオススメ

バーデンを契約した時に、トイファクトリーで下取りの査定を受けましたが、「売却はどちらでもいいですよ」とのことでしたので、納車が近づいたタイミングで、買取専門店に見積もりを依頼することに。

 

結果はかなりの違い。

具体的には、7年落ちのデリカD5でしたが、トイファクトリーの下取りと専門店の買取りでは40万円の差でした。

 

キャンピングカー販売店では

  • 納車迄の期間を考えて提示する
  • 売却のルートは専門店と比較して乏しい
  • 値引きの概念が殆ど無い

このあたりが理由だと思いますが、普通車の売却・下取りでは、買取専門店やディーラーと比較してかなり低いですね。

 

キャンピングカーを売却するなら、キャンピングカー専門店がいいでしょうね。2カ月後にその機会が来るので、結果を報告したいと思います。

 

追記:キャンピングカー専門店はマジで買取が高かったですよ


買取専門店とのやり取りは少々面倒ですが、売却にかかる手間は書類の記載と「印鑑証明」を取りに行く程度。

 

ぜひ下取り以外の方法も検討してみてください。