イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

トイファクトリー・バーデンの収納力

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20170221221311j:plain

バーデンのセールスポイントは「抜群の収納力」

 

たしかに収納力は抜群ですが「使いやすい?」というと必ずしもそうじゃないなというのが実感です。

 

実際の収納力がよくわかるように、収納下手の使用感を丸出しした、ありのままをお見せします。 

 

目次

 

上部収納

車内の上部収納は一番使う場所。

ここが使いやすければ、過ごしたり、寝たりするのにストレスを感じずに済むと思いますが、奥行きがあまりなく、実用性に乏しいというのが実感。

 

これはバーデンに限った話ではなく、ハイエース自体が上部に行くほど絞られた形状なので、やむを得ない部分でしょうね。

 

そのまま置くと移動中にゴロゴロ動いてしまうので、100均などの簡易BOXで仕切って使う必要があります。

 

私の場合、左の収納にはインスタントの飲み物や紙皿などを。

右の収納にはコロコロやウェットティッシュやハンガーなどを収納してます。

f:id:ayuman18:20160403095859j:plain

カウンター上部の収納は一番奥行きがあって使いやすい場所。

ジェツトボイルやバーナー・カトラリー・コーヒー関連・歯磨き用品などを収納。

f:id:ayuman18:20160403100020j:plain

ベッド上はタオル数枚と、出掛ける時に下着などを放り込む感じ。

f:id:ayuman18:20160403100051j:plain

上部の収納は奥行きがなく大きな物は入りません。無理に突っ込むと、落下したり、取り出しづらかったりするので、どうしても小物の収納がメインになりますね。

 

なお、慣れないうちは頭上に注意が必要。

  

バーデンの後部収納

後部の収納力は抜群なのですが

  • 常設ベッドの下にあるため出し入れしづらい
  • 奥行きがあり奥の方が取り出しづらい
  • サブバッテリーがあるので濡れ物に気を使う
  • 荷物を積むと左右の収納庫から取り出せない

こんなマイナス面があります。

 

「積めるけど取り出しづらい」実用性はやや低いんですよね。

 

これを踏まえて左右の収納庫には、使用頻度が低いものを収納することに。

 

具体的にはキャンプ道具を左右に分けて積むことにしました。これならキャンプの時だけしか使いませんし、ほとんどのアイテムを下ろして使うので、ひんぱんに出し入れする必要がありません。

 

なお、左手前の収納下部にはサブバッテリーが設置されているため、濡れたら大変かな?と思いとブルーシートを敷いてます。

オプションで電子レンジをチョイスすると、奥側の収納庫がつぶれるようですね。

f:id:ayuman18:20160403104922j:plain

右サイド下部の収納は飾りですね。

タイヤハウスがあるため奥行きがなく「何しまうんだ?」って容量ですし、少しでも荷物を積んだら開けることができません。

f:id:ayuman18:20160403105009j:plain

 

キャンプへ行く時にバタバタと積んだのがこんな感じ。

適当にやっても、これだけの物を積めるのはすごく助かりますね。

アウトドアで使うなら、かなり使いやすいんです。

f:id:ayuman18:20160403105120j:plain 

 

ただし「旅くるま」となると話は変わってきます。

もしかしたら後部の収納は着替えなんかを保管するイメージなのかもしれませんが

  • 常設ベッドがあるから後部は取り出せない
  • 後部バックドアの開閉には尋常じゃないスペースが必要
  • その場合でもいちいち外に出る必要がある

やれないことはありませんが、正直言って手間。

それならバッグを積んだ方が楽だなと、着替えなどはバックに入れて持ち込むことに。

 

後部の収納は2017年モデルで大幅に改善されてます。

 

まとめ

収納下手のありのままを見せたバーデンの収納力。

上部の収納に過度な期待は禁物です。基本的には小物関連を収納するスペースと思ッタ方がいいでしょう。

それでも収納があるだけで、用途ごとにひとまとめにできるのですごく便利。

 

後部の収納力は十分すぎるほどですが、アウトドアでは使いやすいものの、くるま旅の時は使いづらいかもしれません。

個人的には使用頻度の低いものを保管する方が、便利だと思います。

 

バーデンはバンコンでは最大クラスの収納力。

ただ旅くるまとして使いやすい収納か?と言われると少し厳しいかも。

 

着替えなどは、カバンに詰め込んで持ち込む事になり、寝る時やダイネットでくつろぐ時には、その荷物の置き場も考慮する必要があります。

 

収納力をキャブコンと比較してみました