読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

JETBOIL(ジェットボイル):アウトドア・車中泊の湯沸かし最強アイテム

f:id:ayuman18:20160907194646j:plain

アウトドアで簡単・美味しく食事をするには、手早くお湯を沸かせるのが一番。

カップラーメンや、アウトドア系のインスタント食品は当然のこと、寒い時期に飲む暖かいコーヒーは、本当に心も体も暖めてくれます。

 

そんな大切で頻度の高い湯沸かしで、最強のアイテム「JETBOIL(ジェットボイル)」をご紹介。

私が使っているのは「JETBOIL PCS FLASH」というモデル。

 

目次

 

ジェットボイル 3つのメリット

  1. 爆速でお湯を沸かせる
  2. 高効率で低燃費
  3. オールインワンでコンパクトに収納できる

爆速でお湯を沸かせる

とにかくお湯を沸かすのが早く、まさに爆速。

ジェットボイルが、アウトドアで最強な理由はこれに尽きます。

 

釣りキチの私、ジェットボイル購入を検討してた当時、週末は釣り三昧。

特に寒い季節は体も冷えるため、暖かい飲み物や昼食のラーメンなど、湯沸かしは欠かせません。でもシングルバーナーでは、お湯を沸かすのに時間がかかるのが悩みでした。

 

例えば二人分のカップラーメンを作る場合、湯量も多いのでなかなか湧かないため、とりあえず一人分ずつ沸かすんですが、一人が食べ終わる頃に、ようやくもう一人が湯を注ぐという状態。

特に風の強い日なんて、スクリーンで囲ってもさらに時間がかかっちゃいます。

 

ジェットボイルの存在は知ってましたが、

  • バーナーは何個も持ってる
  • お湯を沸かすためだけに1万円以上

そう思うと、なかなかふんぎりがつかないんですよね。

結局、5年くらい悩んだ末に購入することに。

 

いざ使ってみると…

悩んでたのが馬鹿らしくなる早さでお湯が沸きます

 

体感的には、点火してカップ麺の準備が終わったら沸いてる感じ。

  • 真冬の釣りで寒くて震えてる時
  • 手早く昼食を済ませたい時
  • 寝起きのコーヒー

こんなシーンで大活躍。もう手放せません。

 

高効率で、かなり低燃費

早く湯が沸くのに、かなりの低燃費なのも高ポイント。

 

ジェットボイルの発想は、バーナーの火力よりクッカー側の熱効率を高めるというもの。クッカーの下部が蛇腹のリングになっていて、熱を逃がしません。

f:id:ayuman18:20160411225551j:plain

実はジェットボイルの火力はわずか1134kcal/h

これはコンパクトシングルバーナーの代表格「プリムスP~153」の3600kcal/hと比べても1/3の熱量しかありません。

にもかかわらず早く沸くわけですから、低燃費なのもうなずけます。


公式サイトによると

110缶でおよそ10ℓのお湯を沸かす事が可能

コーヒー(1人分200cc)なら、50回くらい沸かせる計算ですね。

 

実際に使ってみても燃費はすごく良いと思います。

 

オールインワンでコンパクトに収納できる

110缶も含めてクッカー内にスタッキングが可能。

もともと山登りやツーリング向けに開発された商品なのでしょう。非常にコンパクトになるので、外で使うにも車内に収納するにもすごく助かります。

 

ただし縦走など数日掛りで使う場合は、予備のガス缶を持っていくか、110ではなく250缶を使う必要があるので、プリムスP−153とクッカーのセットに比べて、かさばる可能性があります。

 

本格的な登山や調理もするなら、やっぱりプリムスP~153は鉄板アイテムですね 

<広告>

   

ジェットボイルの使い方とスタッキング

収納時はコンパクト。

クッカーにシングルバーナーと燃料を入れた場合と、大差ありません。

f:id:ayuman18:20160411225323j:plain

中にはこんなパーツが入ってます。

  • 110ガス缶
  • バーナー部分
  • スタビライザー
  • 調理用のゴトク

個人的には調理に向いてないと思うので、五徳は外してしまってもいいかもしれません。

f:id:ayuman18:20160411225340j:plain

具体的な使い方はこの手順。

まず、スタビライザーにガス缶をセット

f:id:ayuman18:20160411225359j:plain

バーナーをガス缶にセット

f:id:ayuman18:20160411225415j:plain

水入れたクッカーをセット

f:id:ayuman18:20160411225429j:plain

フタを閉じてイグナイターで点火!火力調整のツマミもついてます。

f:id:ayuman18:20160411225500j:plain

沸騰してくると窓が変色してお知らせ

f:id:ayuman18:20160411225814j:plain

全て変色したら出来上がり。右側の黒い部分が持ち手で、左上部の出っ張りが注ぎ口。ネオプレーンカバーになってるので、そのまま持っても熱くありません。

f:id:ayuman18:20160411225525j:plain

この通り使い方は簡単で、セットするのもお湯が沸くのもあっという間ですよ。

 

ジェットボイルの最適な使用方法:バーナーとしてはイマイチ

長いこと使ってますが、最適な使い方は

ひたすら早くお湯を沸かす

贅沢な話ですが、これがベストだと思います。 

 

確かにバーナーとしても使えますが

  • 正直いって全然向いてない
  • とろ火が苦手(PCS FLASHの場合)
  • クッカーを別に用意する必要がある

登山やツーリングの様に、荷物にシビアな制限があって調理もするなら「プリムスP~153&クッカー」などの調理に適したバーナーに任せた方が無難です。

 

やっぱりJETBOILは、

最大の強み「早くお湯を沸かせる事」に特化するのが一番。

アウトドアで「早くお湯が沸かせる」ことは、何より助かるはず。

 

ふるさと納税でゲットできるのもいいところ

 

ジェットボイルは釣りと相性抜群!

f:id:ayuman18:20170202000247j:plain

釣りって本当に楽しいですよねw

でも朝は早い・気候に左右されるなど、体力的にシビアな遊び。

 

そういう場面が多い釣りだからこそ「手早くお湯が沸く」ジェットボイルは本当に助かるアイテム。

  • 朝早く起きてボーッとした状況で目覚めのコーヒーやスープ
  • 昼食時に手早く食べれるカップラーメン
  • 体が冷え切った時の温かい飲み物
  • 大漁、坊主の後のクールダウンにコーヒーブレイク
  • 帰り道の「超」がつくほどの眠さに備えて「濃くて熱いコーヒー」

いろんなシチュエーションで、湯沸かしをしたいもの。私自身、ジェットボイルを購入したそもそもの理由が、釣りの時に使うためでした。

 

釣行時には他のバーナーと並行しつつ、何年もジェットボイルを使っていますが、一番使い勝手がよく、使用頻度が高いバーナーであることは太鼓判を押せますよ。

 

「車中泊で素早くお湯を沸かす」最適な車中泊グッズ

車中泊って本格的なキャンピングカーでなければ、車内であまり調理をしないもの。私はハイエースのキャンピングカーに乗ってますが、基本的に車内で調理はしません。

 

やっぱり車内で火を使うのはやや抵抗がありますし、車内に匂いがこもるのも嫌ですからね。

 

とはいえ、暖まる食べ物・飲み物は必須。

つまり車中泊で一番大切なことは「お湯を沸かす」こと。

 

車中泊で目覚めた朝にコーヒーやスープを飲んでシャキッとしたり、出かけた先でお弁当や惣菜を食べるにしても暖かいカップラーメンやお味噌汁は欲しいもの。

 

ジェットボイルは

  • 収納もセット後もスペースを取らない
  • 早く沸くので車内が暑くならず、換気も気にならない
  • 火の心配がほとんどない

車中泊経験があるならわかると思いますが、車内の収納スペースには限りがあります。コンパクトに収納できるジェットボイルは、収納コスパが極めて高いアイテム。

 

何より「爆速でお湯が沸く」ため、車内の温度上昇は最低限。暑い時期には本当に大助かりです。

 

さらに火の心配がほとんどないのがイイところ。

クッカーと一体型のジェットボイルは、他のバーナーと違って炎がほとんど外に出ませんし、爆速でお湯が沸くため、火を使っている実質的な時間が短いのが安心です。

 

車中泊で一番大切な「お湯」を沸かすには、最適な車中泊グッズじゃないでしょうか。

 

キャブコンに乗り換えても使ってます

2017/3/4追記

今、私はキャブコンに乗ってます。

キャブコンの場合、備え付けのガスレンジがありますが、やっぱりジェットボイルは手放せません。

 

キャブコンに乗り換えた時に、ケトルで沸かすことを試みましたが、やっぱりジェットボイルに慣れてると遅いんですよw

 

車中泊の時は、毎朝3人分のお湯を沸かすんですが、ガスコンロで沸かす場合、やはり倍くらい時間がかかるので、そのぶん車内の温度が上昇してしまいます。

 

ジェットボイルは一度使うと離れられないアイテムですね。 

 

まとめ :ジェットボイルは釣りや車中泊の湯沸かしに最適なアイテム

ジェットボイルはちょっと尖ったアイテムで、値段も安くはありません。

でも他のバーナーにはないこんな強みが

  • 低燃費で素早くお湯を沸かせる
  • オールインワンでコンパクトに収納ができる

 

この強みは、湯沸かしがメインのアウトドアや車中泊では、他のバーナーでは得られないメリットを享受できます。

 

「1万円以上の投資をして、素早くお湯を沸かす」

何とも贅沢に感じますが、実は一番必要な能力じゃないでしょうか。

 

「早くお湯を沸かす」ことに特化したジェットボイルは抜群の使い勝手。

まさに「最強の車中泊グッズ」「アウトドアのティファール」です。

 

マーベラスとジェットボイルの湯沸かし対決してみました