イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

バンコンからキャブコンに乗り換えを決めた理由

f:id:ayuman18:20160411153749p:plain

【コルドリーブス購入記①】

トイファクトリーのバンコン「バーデン」に乗って一年が経ちました。

この間、バーデンと一緒に過ごした楽しい思い出がたくさん。でも実は1月にバンテック社「コルドリーブス」の契約を済ませ、7月に納車される予定なんです。

 

納車してから一年足らずで、なぜバンコンからキャブコンへ乗り換えたのか。

 

 

目次

 

バーデン(バンコン)に対する不満

f:id:ayuman18:20170624004102j:plain

バーデンは代表的なバンコンビルダー「トイファクトリー」が誇るトップセールスモデル。スタイリッシュかつ機能的でまさにバンコンの完成系でしょう。

 

それでも乗り始めると色々と欲も出てきて、「ここがこうなら」とか「これがついてたら」など、さまざまな不満や希望が出てくるもの。バーデンに限らず、キャンピングカーとして便利さを望む以上、どんな車に乗ろうと同じでしょう。

 

ただ乗り始めて半年も経たずに、バンコンに対して限界を感じたのは事実。

ハッキリ言えば「せまい」んです。

 

フラットなベッドで眠れて、普通車よりはるかに快適に過ごせるバンコンは、車中泊の延長としては素晴らしいものでしたが、キャンピングカーで旅をすることを考えればかなりの我慢を強いられるものでした。

  

中でも大きな不満はこの3つ

  • シート展開が面倒すぎる
  • トイレがない
  • ハイエーススーパーロングの中途半端さ
とはいえ他の点は、とても気に入っていましたし、この3つも工夫や妥協で乗り越えられるものでした…二人なら。
 

バンコンで大人3人以上は無理ゲー

バーデンに対する不満はあるものの、夫婦2人ならそこまでの問題とは思っていませんでした。
 
しかしわが家では定期的に義母や義妹と旅行に行くんですよね。さすがにバーデンで大人3人以上で車中泊するのは無理。
 
後部座席に乗ってもらうにも、普段はお座敷仕様にしているため、荷物をおろしてシートを元に戻さなくちゃなりません。これが絶望的に面倒。 
 
こうなるとキャンピングカーならではの前乗りもできないし、ただ大きくて乗り心地が悪い面倒な車になっちゃう。
 
キャンピングカーの自由気ままさに、すっかり満足していた私。
大人3人以上でも、自由に気軽にキャンピングカーで出かけたいとすごく考えてしまいました。
 
お座敷にしていた理由はこちら

 

トイレの問題は想像以上に大きかった

  • コンビニや道の駅があるんだから旅先でトイレに困るわけない。
  • 使った後の処理なんて無理

実際、長いあいだ釣りでそうしてきましたから、疑いもなくトイレは不要と考えてバンコンを購入したんです。でもそれが間違いだと気づくのに時間はかかりませんでした。

 

私たちだけかもしれませんが、旅に出ていつも気になるのは「トイレ」のこと。気がつけばトイレで泊まる場所を決めてるんですよね。

もちろんすごく重要なことですから、しっかり調査しますよ。ただ立ち寄り先よりもそっちをチェックしてる時間が多かったり、旅先でトイレを探し回ったり。

 

旅先ではキャンピングカーは「家」

自由な旅にはトイレは不可欠だなと思い知りました。

 

スパロンの中途半端さが気になりだした

バンコンのベース車として君臨しているのが「ハイエーススーパーロング」堂々としたサイズと見た目の良さで男心をめっちゃくすぐります。

 

でも運転するには「デカイ」のに、中で過ごすには「せまい」んです。このアンバランスさ、中途半端さがかなり気になってしまったんですよね。

 

買い直したいという希望がふつふつと

 
すぐに欲しいという訳ではありませんが、やっぱりいつかはキャブコンに乗りたいなと。秋のキャンピングカーショーへ出向いても、目に入るのはキャブコンばかり。
 
でもバーデンが納車されてからまだ半年程度ですから、もちろん嫁さんは乗り換えに猛反対。 冷静に考えて一旦はあきらめることに。

f:id:ayuman18:20160509002337j:plain

 

投資できなくなっちゃいました

バーデンに乗り始めてから、追加投資が必要だと考えていました。

  • スキーや雪国キャラバンをするための「スタッドレス+ホイール」
  • 安定した走りと、後部座席の乗りごこちを改善するための足回り
  • 安心して電気を使えるようにソーラーパネル

実祭に乗ってみて、少なくともこの三つは必要だと感じてたんですよね。

でも「キャブコンに乗り換えたい」と考え始めたため、投資しても手放すかもしれない…と必要な投資に躊躇してしまうように。


個人的に不要な投資はしないけど、必要なものは惜しまず投資するタイプなので、こうなるとダメなんですよね。

不満を解消しないまま乗り続けるため、ますます不満が大きくなっちゃう。

 

義母との同居で買い替えを決定

そんな悶々としたタイミングで、義母と同居することが確定し、夫婦ふたり旅から「オトナ3人旅」がデフォルトに。
 
まだ還暦を少し過ぎたくらいの若い義母ですが、苦労して嫁さんを育ててくれたんです。少しでも快適な旅を楽しんでもらいたい。
 
大人3人でのんびり旅ができる車にしよう。
これがキャブコンへ乗り換えを決めた理由なんです。
 
 
コルドリーブス購入記②はこちら↓