イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

ハイエースベースのキャブコンを検討

f:id:ayuman18:20161106230419j:plain

キャンピングカー購入記(コルドリーブス)②

バンコンのバーデンはいい車でしたが、キャブコンへの憧れは日に日に大きくなります。最初に目をつけたのは「ハイエースベースのキャブコン」でした。

 

目次

 

ハイエースベースのキャブコンが欲しい

キャブコンを買うなら「ハイエースベースのキャブコンが欲しい」

ハイエース大好きな私が一番先に考えたのはこのこと。

 

最終的にキャブコンへの乗り換えを決めたのは、義母と同居が確定して使用環境が大きく変わるため。やはりバンコンで快適に過ごすには、大人は二人(子供含めて4人)までが限界でしょう。

 

旅行中に朝晩あの重たいREVOシートを展開をするのは相当めんどくさい。それが理由で出かけるのが嫌になっては本末顛倒です。

 

時期が前後しますが、キャブコンがいいなと本格的に考え始めたのは、9月のシルバーウィークのあたり。義母&妹と旅行に行って面倒な思いをしたり、シルバーウィークの二人旅でトイレ問題が深刻だったから。

 

もっとも、この時点で買い替えるつもりはありませんでした。でもいつか買うならハイエースベースのキャブコンがいいなと思ってたんです。

 

 

最初、カムロードのキャブコンが検討外だった理由

キャブコンには大きく分けて、カムロードベースとハイエースベースがあります。 
欧州車という選択肢もありますが、私の場合はサイズの問題から自宅近辺を走れませんし、故障やメンテの心配から除外。
 
最初カムロードベースはないなぁと思ってたんですよ。
その理由は
  1. トラックの乗り心地
  2. 走行性能の不安
  3. タイヤ・ホイール関連のトラブルが怖い
  4. グッとくる車がなかった
  5. ハイエースのバンコンから乗り換えるので、パーツなどをそのまま使える

 

トラックの乗り心地

ハイエースでも乗用車とは比較にならないくらい乗り心地は悪い。そのまま乗るなら足回りをいじるつもりでした。
トラックベースはそれ以上に悪いと聞いてましたので、かなり躊躇します。
 

走行性能が不安

横風が怖いという話を聞いてましたし、トラックですから…。

 

タイヤ・ホイール関連のトラブルが怖い

バーストやハブボルト折れの情報が多く、重大な事故になる可能は避けたいと。

201611/01追記  

当時はあまり理解してませんでしたが、ハイエースのキャブコンでもこの問題は一緒なんですよね。ハイエースベースーのキャブコンを選択する場合でも、過積載には十分注意が必要ですよ。

 

グッとくる車がなかった

好みの問題ですけど、見た目も似た感じだし内装も古くさく感じてました。実のところ、対象外ということで、あんまり見てなかったんですけども… 

 

ハイエースベースのキャブコンってどんな種類があるの?

ハイエースベースのキャブコンなら、乗り心地や走行性能は、ある程度想像がつきますし、バーデンで使っている備品等もそのまま使えます。
 

 
何よりハイエース好きな私は、カッコいいと思ってます。
ただ、ハイエースベースのキャブコンは、極端に種類が少ないんですね。
 

ファンルーチェ セレンゲティ

代表的なのモデルはファンルーチェのセレンゲティ。ロングセラーモデルという事は、それだけ完成度が高いということ。道の駅などで見かけては、かっこいいな〜と思っていました。

f:id:ayuman18:20160510140259j:plain

 

ファンルーチェ パタゴニア

もうひとつがパタゴニア。これは室内のレイアウトがすごく魅力的。
この車を見るまでは、リアエントランスモデルの存在すら知りませんでした。

f:id:ayuman18:20160510140419j:plain

 

セキソーボディ トムシリーズ

セキソーボディのトムシリーズ、見た目はど真ん中ですが、関東の会社で販売ということで、メンテナンスなどを考えると、京都の私にはちょっと難しい。
何よりトムタンデム・トムバロンになるとサイズが大きすぎる。

f:id:ayuman18:20160510143008j:plain

 

アネックス リバティNS

スタイル抜群!走りもすごく良さそうで車内もお洒落。
でも、いくらなんでも長過ぎる(涙)

f:id:ayuman18:20160510140615j:plain

 

 

ハイエースキャブコンはサイズの問題からモデルが限られる

京都って全長が長い車は、かなり苦しい土地柄なんですよね。

一方通行で狭い十字路だらけですし、スーパーなどの駐車場も狭い所ばかり。

 

スパロンの運転でもかなり気を使いますし、駐車場では迷惑をかけてる気分になってしまいます。ハイエースベースのキャブコンは京都に限らず、都会ではちょっと使いづらいサイズばかりですね。
 
結果、ハイエースベースのキャブコンを選ぶなら、セレンゲティとパタゴニアの二択に。
 
 
購入記③に続く

 

 こちらの記事もどうぞ

 キャブコンのメリットとデメリット

 ハイエースベースのキャブコン