イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

「道の駅 スプリングスひよし」「スチールの森ひよし」で一日中遊び倒そう!

f:id:ayuman18:20160601124143j:plain

スプリングスひよしは、京都市内からわずか1時間程度の距離で、天然温泉も含め、一日遊び倒せる施設が併設されている、おすすめの道の駅。

 

車で5分ほどの距離には「STIHLの森ひよし(旧:府民の森ひよし)」が。

合わせて紹介しますね。

 

目次

  

道の駅 スプリングスひよしの紹介

アクセス

スプリングスひよしは、京都縦貫道の園部ICから車で15分ほど。京都からは1時間程度でアクセスできます。

 

スプリングスひよしのいいところ

この道の駅のいいところは、併設されている施設や広場で1日遊べること。

併設されているのは

  • 温泉
  • バーベキュー施設
  • 体育館
  • 温水プール
  • 広大な広場
  • グランドゴルフ

どれも本格的。

 

ダムのすぐそばというロケーションで、道の駅というよりは、大人も子供も楽しめる大きなアミューズメント施設みたい。

f:id:ayuman18:20160601081731j:image

 

併設された「ひよし温泉」が気持ちいい

ひよし温泉が気持ちいい併設されている天然温泉「ひよし温泉」は天然の塩化物泉。土曜の夕方以降はやや混雑しますが、施設はとても清潔でゆっくり過ごせます。

なおJAF割が効きますのでお忘れなく。

泉質などに詳しくない私ですがとてもいい湯だと思います。

f:id:ayuman18:20160531182723j:image

 

手ぶらでOK:本格的なバーベキュー施設

すぐ横には、本格的なバーベキュー施設が併設されていて、道の駅が主催するイベントが頻繁に行われています。

 

バーベキューガーデンの利用は、

日中(10:00〜17:00)

夜間(17:30〜20:00)

に別れていて、どちらも料金は1人2160円。

夜間の利用時間がもう少し長いと嬉しいんですけどね。

 

道の駅を利用する方の視線もあまり気にならない距離感ですが、日中に利用する場合は日除けがないのでタープは持参した方がいいでしょう。

施設は意外と本格的でピザ窯まであるんですよ。

f:id:ayuman18:20160531220841j:imagef:id:ayuman18:20160601081823j:imagef:id:ayuman18:20160601110428j:image

 

ダム直下の広大な広場

広場はダム直下。

10分ほど歩くとダムの真下に到着。

迫力のあるアングルで、ダムを見上げることができます。こんな場所は少ないですから、ダムが好きな人ならそれだけでいいかも。 

f:id:ayuman18:20160531222216j:imagef:id:ayuman18:20160601110502j:image

広場の先にはグランドゴルフ場が。ゴルフを楽しんだり、広場でのんびり過ごしたり、体育館や温水プールも併設されて流ので思い思いに過ごすことができます。

f:id:ayuman18:20160601081932j:imagef:id:ayuman18:20160601082235j:image

 

充実したレストランメニュー:直売処

レストランのメニューも充実しています。

名物はなんといっても「ダムカレー」

たくさんの人が注文して、スマホで撮影してますよw

 

他にも地の物を使ったバイキングや、美山牛乳のソフトクリームなど、

f:id:ayuman18:20160601082414j:image

 

直売所は、新鮮で珍しいものを、たくさん置いています。

施設内の売店でも、地鶏や猪肉などが売られており、どれも他で買うより安く買えると思います。バーベキューの食材も色々置いてますので、手ぶらでもOK。

f:id:ayuman18:20160601110053j:imagef:id:ayuman18:20160601110114j:image

 

スプリングスひよしの車中泊情報

車中泊するには、傾斜はかなりきつめで、レベラーがないとちょっと苦しいかも。

 

何と言っても温泉に入って、そのまま寝れるのが嬉しい。

私も温泉に入りがてらよく利用させてもらっています。


夜は静かな道の駅ですが、朝は比較的早い時間から、サイクリングやバイクツーリング、更にSTIHLの森でわんこ関連のイベントなど、集合場所に使われる事が多いですね。

朝は早めに起きましょう。

 

 

STIHL(スチール)の森 ひよしの紹介

f:id:ayuman18:20160531163749j:imagef:id:ayuman18:20160601110627j:image

 

アウトドアの複合施設「スチールの森 ひよし」

以前は「府民の森ひよし」という名称でしたが、いつからか「スチールの森ひよし」に変わってました。 

 

広大な敷地に、デイキャンプ・テントキャンプ・ドッグラン・資料館などが併設されていて、イベント会場としてもよく使われています。当日も地域のフェスで貸し切りになっていました。

駐車場からすぐに遊歩道があり、1㎞ほど歩くとダムを見下ろすことができます。

f:id:ayuman18:20160531163832j:imagef:id:ayuman18:20160531163905j:plain

 

GO OUT関西の会場で有名

有名な「GO OUT関西」の会場にもなっていて、当日は関西のおしゃれキャンパーが集結。今年はまだ案内が出ていませんが、お洒落な木彫りの看板が無造作に置いてありました。

f:id:ayuman18:20160530235435j:plain

敷地は広大なのに、使っているのはごく一部という、ある意味ぜいたくな使い方。当日はフェスのため貸切だったので、キャンプ場内の撮影はできませんでしたが、デイキャンプはかなり広々使えますよ。 

f:id:ayuman18:20160601132144j:image

 

キャンプは運搬がめっちゃ大変

テントキャンプはかなり厳しい。

車が横付けできず、荷物をサイトまで運ばなくてはならないのはよくある話ですが、その距離と運搬が大変。 

 

テントサイトまでは遠い場所なら100mくらいあって坂道かつ砂利道。

さらに荷物の運搬に使う一輪の手押し車に全然荷物は乗らないし、安定が悪くまっすぐ進まないという…3往復もすれば、体が悲鳴を上げるくらいしんどいです。

f:id:ayuman18:20160601132116j:image

 

利用料金はリーズナブルで環境はよし

利用料金は路地サイトが一泊1000円、デッキサイトが1500円とリーズナブル。

 

でも運搬の苦行つきなので、敬遠する人が多いw

サイトも小さく、大型のテントの設営は難しいです。 2人程度のミニマムキャンプならマシですが、ファミリーキャンプになると、荷物を運ぶだけで疲れちゃうかも。

 

私もキャンプサイトを使う時は、2人用の小さなテントと、小型のタープにしています。 水周りなどの施設も綺麗だし、環境は本当に素晴らしいのに、残念なキャンプ場なんですよね。

f:id:ayuman18:20160601132222j:image

 

一般犬・小型犬と別れた大きなドッグラン

ドッグランは広々。

一般犬用と小型犬用に分かれて利用料は1匹500円。 

車を横付けできるので、車の横でランチの準備をしてる方もいました。割と自由な感じのドッグランですね。

f:id:ayuman18:20160601082717j:imagef:id:ayuman18:20160601082731j:plainf:id:ayuman18:20160601103957j:plain  

 

もったいないキャンプ場

それにしても、フリーサイトに水場とトイレをちょっと増やして、車を横付け可能にすればあっという間に高規格キャンプ場が完成。

 

一泊5000円でもたくさんの人がくると思うんですけどね。持ってるポテンシャルが、非常に高いだけに残念です。 

 

まとめ:ひよしはアウトドア天国

f:id:ayuman18:20160602065707j:plain

二つの施設は車での移動が必要ですが、どちらも終日いても飽きない場所。

大人も子供もワンコも思い思いに楽しめるし、開放感のある気持ちのいい1日が過ごせると思います。

 

京都市内の車中泊情報はこちら 

京都周辺の車中泊スポット