イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

バンテック:ジルシリーズとコルドシリーズ どっちがお得なの?

f:id:ayuman18:20160613111222j:plain

ジルシリーズとコルドシリーズはどっちがお得?

 

バンテックセールスの車を検討すること数ヶ月。最終的にコルドリーブスを購入しましたが、この間かな〜り悩みに悩んだんです。

いちばん悩んだのは、どのモデルがわが家には最適なの?ということ。でもジルシリーズとコルドシリーズどちらにする?という点でも悩んでました。

どっちがお得感あるの?というお話です。

目次

 

5×2にこだわる?ジルシリーズとコルドシリーズの違い

f:id:ayuman18:20160629234440j:plain

バンテックのキャブコンには「ジルシリーズ」「コルドシリーズ」の2つのラインナップがあります。

 

コルドランディ・ジルノーブル・ジルスキップのレイアウトはオリジナル。

コルドバンクスとジル520、コルドリーブスとジル5は、レイアウトはほぼ同じで選択の余地がありますね。

 

一番の違いは全長。

コルドシリーズが5M未満に対してジルシリーズは516㎝。

ここがひとつの考えるポイントで、俗にいう5×2サイズに収めるべきかの判断が必要になります。

 

ただでさえ大きなキャンピングカー。少しでも小さい方が運転はしやすいし、リアオーバーハングと車重が増加するため、走行性能と安定性は物理的にコルドシリーズの方がいい気がします。 

とはいえ15㎝程度なので気にするほどの差ではないでしょう。

 

装備品とオプション

f:id:ayuman18:20160629234604j:plain

ジルシリーズとコルドシリーズの装備品に関するコンセプトは、

ジルシリーズ

バンテックが決めた装備をオールインワン

コルドシリーズ

標準装備は最低限で、必要なものをオプションでチョイス。 

 

ジルシリーズの装備品はかなり充実していて、シェル内で必要なのはテレビと電子レンジくらい。不要なものが多いと思うなら、コルドシリーズがいいと思います。高いお金を払って使わないのはもったいないですからね。

 

人によって評価が分かれやすいのは

  • トイレ
  • エアコン(コルドバンクスのみオプション)
  • サイドオーニング
  • 温水生活水設備・シャワー
  • ステップ

といったところでしようか。

トイレは必要だけどポータブルで十分と考える人もいますしね。

 

ジルシリーズの場合、必要ない装備品もほとんどレスにできないようです。(サイドオーニングはレスオプション可能という記事を見た事があります)個人的にはぜひつけておきたいアイテムですけども。

 

しかしジルシリーズの装備は意外と練られていて、どれもあった方がいいものばかり。人によりますが「絶対いらない」というものは少ないかも。

 

そのため悩ましい選択になります。

コルドシリーズとジルシリーズの価格差は170万程度。私の場合、ジルシリーズでは標準装備のものを70万円分くらいオプションでつけることに。

 

つけなかったオプションは、温水・生活水関連、ポーチライト、ステップで40万円分くらいですが、あったら嬉しいかなというものばかり。

 

ジルシリーズは割高?価格差をどう見る?

そうなると、残りの60万円程度でどうなるの?って話になりますが、 

  1. 広くなって室内の使い勝手が上がる。
  2. 高級感がアップして、所有する満足度が上がる 
  3. 細かな部分が充実して便利になる 

わずか20㎝くらい全長が増えただけなのに、ベッドやトイレが広くなったり、クローゼットがついたり、室内の快適性と便利さは格段に向上します。

 

デザインには好みがありますが、全体的な高級感は間違いなく上がります。やっぱりいいものを持つ満足度は高いですからね。このあたりはすごく大切な判断ポイント。

 

あとちょっとした部分がより便利に作られてるんですね。

  • ドアノブが取手になっている
  • リビングにサイドカウンターがある
  • コンセントの数が多い
  • トイレなどにこまめな収納が多い
  • トイレに洗面台や鏡がついている
  • カーテンが標準装備
  • アクリル二重窓がスモーク
  • コンロは耐熱ガラスが標準
  • レンジフードが標準
  • テレビのつけ方がアームになる。室内の壁面が補強されている

このあたりのパーツを付けていけば、60万円程度では収まりません。価格差以上になりますね。

 

広く使いやすくなってゴージャスになり、装備品もたくさんついてくる。

そのためジル520でもあまり割高感を感じなかったんですよね。(支払総額が増えるという意味では高いですよ)

 

ただし、ジルシリーズを選ぶマイナス面もあって、

  • 全長が5Mに収まらなくなる。
  • 物理的に車重とリアオーバーハングが増え、やや走行安定性が悪くなる。
  • 支払いのキャッシュアウトは大きくなる

環境と考え方によって、どちらを重く見るかというのはあるかもしれません。

 

キャンピングカーのオプションは高すぎ

ジルシリーズとコルドシリーズの違いと、どっちがお得なのか?という見方をしてみました。実際の価格は当然上がりますが、個人的にジルシリーズに割高感は感じません。むしろコルドシリーズが割高だなぁと。

 

キャンピングカーのオプション関連は高すぎるんですよね。

普通車にはオプションがセットになった、お得バージョンがありますけど、キャンピングカー業界に、あまりそういう考え方はないんですよね。このへんはキャンピングカー業界全体の問題だと思います。

 

まとめ:お得感ならジルシリーズ。コルドシリーズは目的がある人

f:id:ayuman18:20161103214601j:plain

個人的に割安・割高という観点では、ジルシリーズの方がおすすめだと思います。

やはり使い勝手のいい装備品が充実していて、室内もゴージャス。細かな部分では使い勝手も質感もかなりの格差があり、価格差以上の価値があると思います。

 

コルドシリーズは

  • キャッシュアウトを抑えたい
  • 使い道がハッキリしてる
  • オプションの要不要がハッキリしてる
  • 華美な部分に価値観をあまり感じない

こういうタイプに向いてると思います。

 

ランディやリーブスは、使用目的がハッキリしてる人。

コルドバンクスは、オプションの要不要がハッキリしてて、華美な部分に必要性を感じないならベストチョイスかもしれませんね。

 

コルドリーブス納車されました

コルドリーブスの購入記です

 つけてよかったオプション