イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

キャンピングカーの買取査定がめっちゃ下がる。やっちゃいけないことは?

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160714231049j:plainキャンピングカー買取の裏話④です。 

繰り返しになりますけど、信憑性を保証するものじゃありませんから、あくまでも自己判断でお願いしますねー。

今回は、査定がダダ下がりするのって何?という質問です。

 

事故と盗難

f:id:ayuman18:20160714224410j:plain

そりゃそうですね…当たり前すぎてすいません。

安全運転を心がけるのは当然のこととして、特にハイエースベースのバンコンは盗難への対策が必要ですね。

キャブコンの場合、十分注意しないといけないのはタイヤ関連のトラブルでしょうか。

事故予防にはブレーキの強化も大事

買取の契約をする際「持って帰った後に事故等の問題が発覚した場合、値段を下げます」という誓約書にサインさせられました。

これがけっこう曲者で「じゃあやめる」と言った場合は「違約金20%を払う」という項目があり、身動きが取れなくなります。

 

事故に関しては、フジカーズはGOO鑑定に出すそうなので必ずわかるようです。どこからが事故車って判断はわかりませんので、軽い事故でもきちんと申告した方が良さそうです。

楽しいキャンピングカーライフを送る上でも、事故には十分注意が必要ですね。

 

ハイエースには特に必要なハンドルロック。安価で視覚的に盗難を予防できますよ。

キャブコンでアルミホイールを履くならトルクレンチは必須アイテムです 

タイヤトラブル全般を防ぐために空気圧の管理・監視は重要 

下回りのサビ

f:id:ayuman18:20160714224620j:plain

フジカーズの車両紹介を見ると、必ず下回りの写真が出ています。

普段はあまり意識していませんが、下回りにサビが広がると、いろいろと不具合が出てくるようで、大幅な査定ダウンになるようです。


この点は、キャンピングカーに限った話ではありませんが、あちこち旅するキャンピングカーは特に注意が必要な点でしょう。ウィンタースポーツやマリンスポーツを趣味にしてる場合、防錆処理をしっかりするか、こまめな洗車が大事ですね。 

 

中古車市場を見る限り、キャンピングカーはかなりの年数を乗っても、かなり高額の査定が出るもの。長期間乗る車だからこそサビには注意が必要ですね。

私も防錆塗装を行うか、高圧洗浄機を購入するか悩んでるところです。

 

結局買ってしまいました。下回りの清掃には威力を発揮してます。

 

喫煙

f:id:ayuman18:20160714224822p:plain

わたしは、コレくらいました…。

長期間乗った場合には、あまり関係なくなってくるらしいのですが、特に高年式の場合は、かなりの査定ダウンとの事。たぶん10万くらいは変わるんじゃないでしょうか。

 

こればかりは、買う側の人の気持ちを考えれば仕方のないところ。

愛煙家のわたしには、厳しい話です。

 

解決策は禁煙ですが、無理…。

ということで、アイコス買いましたwコルドリーブスではアイコスで行くことに決めましたよ!(効果は不明ですけど)

 

愛煙家にはどんどん厳しくなる世の中、中古車市場にも大きな影響が出ているとは、想像力に欠けてました。愛煙家のみなさまは、やっぱり何らかの対策が必要かもしれません。一番いいのは禁煙ですけどねw

 

車内・シェルへの穴あけ

これは気になってました。

私自身は、あまりゴテゴテするのは好きではないのですが、やはりスペースの有効活用という面で、収納を増やしたり吊るしたりはとても有効。特にキャブコンの場合は上方にそれなりの余裕がありますからね。

 

その場合でも「できるだけ穴は開けないように!」とのことでした。

査定の時に穴あけ部分を指して、この収納を増やして云々と説明してもらうと「あーそうですか!それはすごいですね!(…マイナス10万)」なんてしてるらしいですよw 


いちばんダメなのはシェルへの加工。よほど自信がなければ、ここは素直にビルダーに依頼した方がいいですよとのことでした。

やはり素人とプロでは仕事の違いが歴然で、素人のシェルへの穴あけは大幅な査定ダウンになります。

 

家具類の塗装やシールががハゲることに注意して、両面テープでやるのがいちばんですよ!と。個人的には、穴あけの勇気は持てないと思うので、この点は大丈夫な気がします。

 

カップディスペンサーも両面テープタイプを選択しました

 

まとめ

f:id:ayuman18:20160714225506j:plain

キャンピングカーといえど車ですから、事故・盗難・下回りのサビは査定の大幅ダウンは免れないところ。このあたりはごく当たり前のこととして、しっかり予防とメンテを行うしかありません。

特に、キャンピングカーは長く乗る車ですし、長く乗っても査定がしっかりつく車だからこそ、大切に乗りたいですね。

 

キャンピングカーならではの査定ダウンは、やはり自己流の改造のようです。必要に迫られて行う場合がほとんどだと思いますが、あまり気合を入れて穴を開けないほうがよさそうw

しかし、DIYと快適化はキャンピングカーの楽しみの一つですから、難しいところですよね。大げさなものはビルダーに相談して、依頼できるものなら頼んだ方が長い目で見ればいいかもしれません。

 

喫煙は…説得力ありませんが、禁煙頑張りましょう!!一応、アイコスは意外とイケることを付け加えておきますw