イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

カムロードの走行性能は?ハイエーススーパーロングと比較

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160725233514j:plain

コルドリーブス納車後ファーストインプレッションとして、カムロードの走行性能を。ハイエーススーパーロングと比較してみました。

 

半年待ったコルドリーブス無事納車され、まずは第一に運転に慣れなくちゃ!ということと、車の使い勝手は使ってみないとわからんと、さっそく400㌔ほど走り、車内で2泊。 

それにしても、慣れない車で気を使いながら運転して、車内を使えるレベルまで片付けるのは、こんなに疲労感があるものかと…月曜日からぐったりですw

 

とりあえず、わずかですが運転してみましたので、走行性能に関してのファーストインプレッションを。

 

目次

 

前提条件

f:id:ayuman18:20160725234329j:plain

ドライビングフィールは、個人差がとても大きいものです。

そのため、あくまでも私個人が感じたことであって、万人がそう感じるという話ではありません。その点をよくご理解いただいた上で、少しでも参考になる点があれば幸いです。

 

わが家のコルドリーブスは「3リッター:ディーゼルターボ4WD」

車両重量は2860㎏

でかけた際は、人間、荷物、水を積み込み、仮装で増加してる分もありますから、およそ300㎏増しで3200㎏前後だろうと推測します。

 

コルドリーブスは足回りの改善のため、これらを施しています。

  • タイヤサイズアップ
  • 鉄ホイール(走行性能的には改悪です)
  • ショックをランチョに変更
  • 前後に強化スタビライザー(青棒)

比較するバーデン(ハイエーススーパーロング)の足回りはドノーマルです。

 

カムロードの動力性能

必要にして十分以上だと思います。

想像以上によく走りますし、扱いやすいと感じました。

 

やはりディーゼルの特性から、低回転域のトルクがあるために、特にストップ&ゴーを繰り返す街乗りでは、ストレスを感じずに済むのは助かります。

また、坂道でも高速域でも踏めば素直に加速しますので、重たいキャンピングカーには最適なエンジンではないでしょうか。

 

動力性能に関してはハイエース:スーパーロングよりも良い(扱いやすい)と感じました。

 

カムロードのブレーキ性能

重い分だけ止まりません。

しかし事前の情報から、そういうもんだと思って運転しますし、そもそもキャンピングカーなので、荷物が吹っ飛ばないように、急ブレーキにならない運転をしますから、特に問題はありませんでした。

 

あくまでもキャンピングカーとしての慎重な運転が必要ですね。下り坂ではブレーキが焼けてしまうこともあるようですから、特に下り坂は気を使い、エンジンブレーキを多用しました。

 

エンジンブレーキはよく効くとおもいます。アクセルを離すだけで、素直に減速しますし、シフトダウンすると、かなり減速します。フットブレーキだけでなく、こまめなシフトチェンジを心がけた方がいいでしょう。

ブレーキの効きと信頼性は、ハイエースの方がずっと優れています。

 

燃費は割といいかも

まだハッキリとはわかりませんが、燃費はそこまで悪くなさそうです。ハイエーススーパーロングの街乗り5キロ程度に比べると、かなり走ると思いました。さらに軽油が安いのは素直にうれしく感じますw

ガソリン代というランニングコストは、ハイエース:スーパーロングの半分くらいで済むんじゃないでしょうか。

 

また、ガソリンタンクも大きいので、給油回数がだいぶ少なくて済みそうなのは嬉しいポイントです。ただ、燃料補給がしづらいです。しゃがまないと入れられませんw

 

想像してたよりずっと静かなエンジン音

これはびっくり、想像してたよりもずっと静かです。

スタートや低速時には、ディーゼル特有のガラガラ音はしますが、すぐに安定して静かになります。当然、ガソリン車よりはうるさいと思いますが、あまり気になるレベルではありません。

 

運転席での会話や音楽を聴くのになんの問題もありませんし、少し大きな声は出しますが、サードシートに座っている義母との会話も大丈夫でした。

もちろん、ハイエーススーパーロングの方が静かで快適ですよ。

 

まさにトラック!な乗り心地

決して良くありません。まさにトラックw

ただし、どノーマルのハイエーススーパーロングと比較すると、ちょっといいかもしれません。

今回はバンテック京都のご好意?で空気圧を5キロ以上入れてもらってましたw

そのため、かなり固めな感じで、けっこうゴツゴツと路面の凸凹を拾っていましたが、適正値に落とせば、もう少し改善できそうですね。

 

まあ、どこまでいってもトラックです。大きな期待はできません。

 

視界は良好!死角をなくすためにセーフティサイドミラーがおすすめ

前方に関しては抜群にいいです。

後方はモニターだのみになり、距離感がやや分かりづらいですが、慣れたら困らないレベルじゃないかと思います。

 

左後方は完全に死角になりますので、オプションの「セーフティサイドミラー」は是非とも装着した方がいいです。これは本当に優れもの。安い投資で大きな安全を手に入れることができると思いますよ。

f:id:ayuman18:20160725230506j:plain  

【 # 242064】セーフティサイドミラー

セーフティサイドミラーをつけるなら、スーパーロングより視界は良好です。

よく見えるということではこちらもおすすめ!

 


街乗りは抜群にしやすい

f:id:ayuman18:20160725233604j:plain

街乗りは、さすが物流を支える宅急便の車ですね。ハイエーススーパーロングとは、比較にならないほど扱いやすいです。

 

京都の自宅周辺の細い道も問題ありませんし、スーパーの駐車場も苦労せず、一発で駐車できます。ハイエースでは何度も切り返すのが当たり前でしたので、小回りが利くというのは、こんなに楽なのかと実感します。


ただし、上部には気をつかいますね。というかバンク部分の存在があまり気にならず、意識外になってしまいやすいので、とくに商店街でひさしが出ていたり、山道で木の枝が垂れているケースなどは十分注意する必要がありそうです。この点は意識して慣れていかねば。

 

高速道路はやや不安

f:id:ayuman18:20160725234412j:plain

いい話を聞かないので、かなり臆病な運転になりましたが、たまたま運転した三日間は風もほとんどなく、全く問題ありませんでした。

これは気象条件によってだいぶ変わるのかな?と今からちょっとビビってます。


ハンドルの遊びが大きく、こまかな軌道修正が必要に感じるので、最初は片手運転が怖い感じです。しかし300㌔も運転したら慣れてきましたw

 

これは高速だけではありませんが、車体の揺れなどのリアクションが発生すると、スッとは戻らず、少し時間を要します。これがハイエースとの大きな違いで、慣れるまではけっこう怖いものがあります。


私はもともと90㌔程度までしか出しません。この程度だと、スーパーロングとあまり変わりませんが、速度が上がれば上がるほどハイエースの方が安定すると思います。

いずれにせよ、100㌔以上で走る車ではありません。やはり80㌔巡航がちょうどいい感じですね。

 

山道はブレーキに対する不安が

f:id:ayuman18:20160725234541j:plain

あの形状で、あの重さですから、おそらく限界はかなり低いものと思いますが、足回りを強化したためか、意外と普通に走れてしまいます。

が、限界を試す車じゃありませんから、走らない・限界が低いと思って安全運転することが第一だと思います。

特に、ブレーキに対する不安がありますので、急な下り坂での急カーブは本当にゆっくり走っていますし、これからもそうするつもりです。

 

登りはカムロードの方がパワフルですが、下りはハイエーススーパーロングの方がずっといいと思います。

 

長くなりましたので、続きます。

ブレーキ強化の結果はこちら