イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

修理で復活!ワンアクションローテーブル竹をレビューしてみる

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160822171440j:image 

簡単・おしゃれなおすすめローテーブル。

「スノーピーク ワンアクションローテーブル竹」

長いこと愛用してる可愛いやつですが、実はワンアクション機構がとても壊れやすいんですよ。

それでも永久保証のスノーピーク。修理に出して受け取ってきました。

目次

  

おしゃれで簡単・スノーピーク「ワンアクションローテーブル竹」

購入したのは、多分8年前くらい?

ワンアクションという簡単さと、竹集成材の質感に惹かれて購入しました。

 

当時はスノピ製品に興味津々でしたが、夫婦2人に「アイアングリルテーブル」は、さすがにやり過ぎ感があるし、収納も厳しい。

二人で使うにはジャストサイズと思い、ワンアクションローテーブル竹をチョイスしたんですよね。

 

大きさも丁度いいし、焚き火テーブルを左右に置いてシンプルに使ってます。

f:id:ayuman18:20160823132609j:image

今はおしゃれなウッドローテーブルがたくさん出ていますが、当時はローテーブル自体がそれほどメジャーじゃなくて、質感の良いものはあまりなかったと記憶しています。

  

ワンアクション部分が収納時に破損しやすい

しかし買ってすぐ、収納時に壊れましたw

ワンアクションといいながら、収納時は金具の部分を押しながら畳む必要があり、知らない人がやろうとすると、速攻でバッキンと壊れます。

f:id:ayuman18:20160822151630j:image

わが家でも購入そうそう、嫁さんがしまおうとしてバッキン!

何度も修理に出そうと思ったんですが、めんどくさくてそのまま使っていました。しかし、テーブル自体がうまく開かなくなってきて、だんだんと山形に…。

乗せた料理がずり落ちてくる気がw

 

そろそろ買い替えも検討するかと、他のテーブルも物色してみましたが、やっぱりお気に入りなんですよね。これより気に入るテーブルもなく、ようやく8年越しの修理に出すことにしました。

 

大荒れのGWで修理依頼が殺到したんだってさ

修理に出したのは、ゴールデンウィークが明けてすぐ。

今年のGWは大荒れ。

SNSやブログではキャンパーの悲鳴が続々とアップされました。

かなりの数のテントやタープが暴風で破壊されたみたいですね。私はキャンピングカーでくるま旅をしてましたが、狂ったみたいな風に予定変更を余儀なくされましたよ。

 

たまたまそんなタイミングだったので、スノーピークも修理にめっちゃ追われてるらしく「修理には少しお時間を頂きます」との事。そのまま依頼しましたが戻ってくるのに2か月近くかかりました。

 

スノーピークの永久保証は素晴らしいね

帰ってきたローテーブル竹を出してみると「お?なんか違う?」

収納時の金具が補強され、ロック部分が分かりやすくなっているような気がします。(気のせいかもしれませんがw)

f:id:ayuman18:20160822151528j:image
こんな注意書き付きで帰ってきたよw

f:id:ayuman18:20160822151449j:image
これなら、初めて買った人も壊さないんじゃないの?

それとも、もう壊さんといて!と壊した人向けのシールなんかな?

うーん、後者な気がする(笑)

 

修理費用は2000円チョイ。

8年も前に買ったテーブルを、しっかり修理してくれるスノーピークのシステムは、素晴らしいと改めて見直しましたよ。

 

ちなみに何もひかずにダッチオーブンを置いた、やけどの跡は治してくれませんでした。

f:id:ayuman18:20160822213858j:plain

 

ワンアクションローテーブル竹のレビュー:いいところ・悪いところ

f:id:ayuman18:20160822214015j:plain

ワンアクションローテーブルの良い所

  • さすがスノーピークという質感
  • ワンアクションという利便性
  • 二人にはちょうどいい大きさ

質感はさすがスノーピーク。

私は「ユニフレームUFテーブル」も使っていますが、比較すると質感や剛性感は「ワンアクションローテーブル竹」の方がだんぜん上。まあ竹集成材とシナベニヤ合板の差と言ってしまえばそこまでですが。

f:id:ayuman18:20160822214416j:plain

ワンアクション機構は壊れやすいのが玉に瑕ですが、本当に便利。このテーブルより簡単に展開できるものってあるのかな?ほんとアイデア賞ものじゃないですか?

大きさは二人がベスト。それ以上になると少しスペース不足かな。

 

悪い所

  • 重い
  • 収納時かさばる
  • 重くて収納時に痛い目にあう事がある
  • アクション機構が壊れやすい(今は改善してるのかも)

 
スノーピークなので、重さに関しては無神経。このサイズのテーブルなのにかなり重いです。まあこれに限った話じゃありません。

 

またワンアクションなので、収納時の大きさはちょうど2分割の状態。ロールテーブルなどに比べるとかさばります。

 

この重くてかさばるのが嫌という人も多いでしょう。

スノーピークの場合、重さに対する工夫は全く意識してないですよね。それでも売れるんだから仕方ない。


収納袋が本体の重さと大きさに釣り合ってないので、 片付ける時に足の上に落ちたり、指を挟んだりと痛い思いをしやすい。この点は十分注意したほうがいいですよ。おっちょこちょいな私は、何度も痛い目にあってます。

 

まとめ:ローテーブル竹がやっぱり好き

f:id:ayuman18:20170103000437j:plain

長いこと壊れたまま使い続けた「ワンアクションローテーブル竹」ようやく健康体になって本来の性能を発揮できそうです。スノピならではの万全な保証はアイテムを長く使いたい人にはありがたいシステム。

 

発売からだいぶ経過してますから、いまどきのお洒落なウッドテーブルに比べるとちょっと古臭さいかもしれません。でもこの質感とワンアクションの便利さは、何年経ってもいいなぁと感じさせてくれます。

 

最近のテーブルもいろいろ物色してみましたが、個人的にはこれより使い勝手がいいテーブルは見当たりませんでした。やっぱりコイツが好きなんですね。

 

まだまだ現役!

わが家のマストアイテムとしてしばらく活躍すると思います。 

 

別の竹の記事はこちら