イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

宮代オートキャンプ場:川遊びと日本三大美人の湯を楽しもう

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160825231037j:plain

自然に囲まれた静かな場所、清流日高川で思う存分川遊び!

疲れたら日本三大美人の湯「龍神温泉」へ。

そんな贅沢なキャンプが楽しめる、和歌山県の「宮代オートキャンプ場」を紹介します。

 

2016/8/19~21

和歌山県の日高川上流部、龍神地区にある宮代オートキャンプ場に行ってきました。

目次

 

宮代オートキャンプ場へのアクセス

大阪方面からなら、有田ICを降りて国道424号を龍神温泉方面へ。

以前は424号はめんどくさい道路でしたが、今はバイパス化されてスイスイ。およそ1時間15分ほどで着くと思います。

 

宮代オートキャンプ場のチェックイン・アウトと料金

宮代オートキャンプ場の

チェックインは13:00 

チェックアウトは10:00


混雑している時期でなければ、気のいい管理人さんが早めに入れてくれるかも。

 

料金は変更されてる可能性がありますので、必ず事前に確認を。

  • 電源付サイト 4000円
  • 電源無サイト 3500円
  • テントサイト 2000円+駐車料金500円
  • ログキャビン 4人用12000円 6人用15000円

 

管理棟

f:id:ayuman18:20160824232628j:plain

宮代オートキャンプ場の管理棟には、気のいい地元のおっちゃんらが集まってワイワイしてますw

基本的にジュース類と氷程度しか、置いていません。なんとビールすらないんですよ。現地に行くまでにしっかり買い物をしておきましょう。

 

サイトは広くて使いやい。オススメは川に面した電源付きサイト

f:id:ayuman18:20160824232717j:plain

f:id:ayuman18:20160823205056j:plain

宮代オートキャンプ場の各サイトは十分な広さ。

綺麗に刈られた芝生で、設営も楽々。普通サイズのタープ・テントならゆったり目にサイトを使えると思います。

 

それほど高さがない植え込みで、隣サイトと仕切られており、適度なプライベート感が保てるのがいいところ。

AC電源は一番奥にあり、延長コードの貸し出しはなさそうですから、忘れずに持参しましょう。

 

高い樹木等はなく、開放感がありますが、そのぶん直射日光をまともに受けますので、タープは必須です。

 

川に面したサイトが電源付サイトになっているので、川遊びがメインなら目の届きやすいこちらがいいかも。管理棟の正面から少し左くらいが、川にも降りやすくてベスト。

f:id:ayuman18:20160824233531j:plain

テントサイトは開放感バツグン。

でもオートサイトではないので、車は中央の駐車場に止める必要があります。バイクツーリングの方が利用するケースが多いですね。

 

私も釣りの時に何度か利用しましたが、荷物の積み下ろしは車を道路に止めておけるので、問題ありません。意外と悪くないですよ。

f:id:ayuman18:20160824233607j:plain

キャビンに宿泊した事はありませんが、中は広そう。

夜には暖色系の明かりが灯されて、すごくいい雰囲気に。利用可能な人数から考えれば、リーズナブルな価格設定じゃないでしょうか。

 

設営・撤収の手間もなく、思い切りお子さんと川遊びができますからね。家族づれにはオススメだと思います。

 

清潔に保たれた水回りと各施設

宮代オートキャンプ場は、かなり古くからやってますが、施設は丁寧に手入れされ、特に水回りはとても清潔に保たれています。

f:id:ayuman18:20160823073317j:plain

f:id:ayuman18:20160823073338j:plain

洗い場は二か所あり、両方ともきれいで、どのサイトからも行きやすいです。

f:id:ayuman18:20160823073401j:plain

f:id:ayuman18:20160823073430j:plain

f:id:ayuman18:20160823073439j:plain

トイレは常にキレイに保たれています。男性は和2・洋2でした。

少し残念なのが

  • ウォッシュレットじゃない
  • 洋式が狭い

不思議と、こちらに虫は殆ど侵入しないため、不快な思いをすることもありません。

f:id:ayuman18:20160823073451j:plain

シャワールームも清潔。

3分100円で、川遊びした後すぐにシャワーを浴びることができます。当然ながら、シャンプーやせっけんはありませんので、忘れずに持参してください。

f:id:ayuman18:20160825225041j:plain

コインランドリーもありますので長期の滞在もOK

 

清流日高川で川遊び!大人も子供も大はしゃぎ。

f:id:ayuman18:20160824234438j:plain

f:id:ayuman18:20160824234220j:plain

もちろん、一番の楽しみは清流日高川での川遊び。

宮代オートキャンプ場の目の前は、流れも穏やかで深さもなく、子供さんを遊ばせるにはピッタリ。2011年の水害で川相が変わって、ちょっと浅くなってしまったのが残念。

 

ただし、そのポイントから上流・下流は流れも水深もあるので、決して目を離さないように。ライフジャケットは必ず着せましょう。

 

入浴は日本三大美人の湯 龍神温泉がオススメ

f:id:ayuman18:20160824220159j:plain

f:id:ayuman18:20160824220212j:plain

入浴は宮代オートキャンプ場から、車で15分ほどの距離にある「龍神温泉元湯へ」

雰囲気抜群の素晴らしい温泉です。

 

龍神温泉は、川中温泉(群馬)湯の川温泉(島根)と並んで、日本三大美人の湯と言われる、源泉かけ流しの温泉。

露天風呂から眺める日高川は美しく、お湯は肌がすべすべになりますよ。

なんだかんだで、私はどの温泉よりも一番多く入っています。

 

 

買い物は地元で済ませてこよう

宮代オートキャンプ場から車で5分ほどに、地元スーパー「あだち」があります。

キャンプ飯としては、品ぞろえ的にイマイチ。

 

メインの食材は、ご自身の地元か、有田や御坊あたりでそろえてきましょう。不足した分だけをこちらで買う方がいいと思います。でもお弁当は手作りで美味しい。お昼ごはんの手抜きにはもってこいです。

 

注意点  暑さ対策を万全に

山深いキャンプ場ですが、日中はかなり暑くなりますし、真夏は夜でも蒸し暑い時が。念のため、できるだけ涼しく過ごせるよう準備しておきましょう。


また、営業期間は4月~10月です。この地区のメインは夏の川遊びと釣りですので、秋・冬はクローズのようです。

 

まとめ  本物の自然がたっぷり。清潔で魅力いっぱいのキャンプ場です

f:id:ayuman18:20160825173232j:image

宮代オートキャンプ場は、日高川が大きく蛇行して国道から外れた場所にあるため、夜は本当に静かで、綺麗な星が眺められます。

清流日高川で川遊びを楽しんだり、日本三大美人の湯「龍神温泉」へ入ったり。


施設も清潔に保たれ高規格並み。

各サイトもプライベート感があって、のんびりと過ごすことができます。


私は鮎釣りのベースとして、宮代オートキャンプ場を20年近く利用してますが、いつ行っても満足できる素晴らしいキャンプ場です。

 

当日の様子はこちら

和歌山のキャンプ場