イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

「コールマン ファイアーディスク」が届いたので開けてみた:「ユニフレーム ファイアグリル」との比較は? 

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160915183905j:plain

(コールマン:HPより)

お?

ちょっとカッコイイじゃない!と思ってしまった。

コールマンの秋の新作焚き火台:「ファイアーディスク」

 

 

なんか、今までのコールマンにはない感じで、デザイン性は抜群。

そのくせ

  • 対荷重30㎏
  • 展開3秒
  • 収納ケース付き
  • 厚さ10㎝でコンパクト収納
  • 通気性抜群←ほんまかいな?

今の私の琴線に触れるうたい文句。

 

もうすぐ焚き火のシーズン。気軽な焚き火がしたいなと、ユニフレームのファイアスタンドを、買うか悩んでたタイミングだったので、展開3秒のキャッチに、思わず「ポチっ」としてしまいました。

目次

 

ファイーディスクが届いたから開けてみた!  

届いてびっくり。思ってたよりもデカい!

あまり、サイズを見てなかった…。

ユニフレームのファイアグリルより、幅では一回り以上大きく、収納にちょいと困りそう。コンパクトって厚さだけというオチですか!

f:id:ayuman18:20160915181911j:plain

最初から収納袋に入った状態で送られてきます。

f:id:ayuman18:20160915181930j:plain

開けてみると、入ってるのはこの二つのみw

そういう意味ではめっちゃシンプル。

f:id:ayuman18:20160915181459j:plainf:id:ayuman18:20160915181519j:plain

ここをディスクに引っ掛けるんですね。

f:id:ayuman18:20160915181554j:plain

引っ掛けてみたら、あっという間に出来上がりました。

ここまでは最強に早いw 

 

それにしても、この網だいじょうぶなんですかね?いかにも変形しそうな気がする。パーツの販売はあるんでしょう。

横が空いてるのがちょっと気になりますが、ここから炭を入れるということなんでしょう。網も簡単に外すことができますので、このアイデアは悪くないかも。 

f:id:ayuman18:20160915181610j:plain

次に後ろを(組み立てるときの手順は逆ですよw) 

足が三本。簡単にあげれます。

f:id:ayuman18:20160915181700j:plain

f:id:ayuman18:20160915181719j:plain

ちょっと真ん中に寄ってるので安定感に不安が。

f:id:ayuman18:20160915182103j:plain

ひっくり返したら出来上がり(手順は逆ねw)

3秒は言い過ぎですが、網をかけても20秒で完成しますね。

焚き火なら、本当に3秒かもw

f:id:ayuman18:20160915182120j:plain

f:id:ayuman18:20160915182141j:plain

f:id:ayuman18:20160915182201j:plain

コールマンのロゴがいい感じ。

f:id:ayuman18:20160915182220j:plain

重さを掛けてみましたが、かなり頑丈でした。

対荷重30㎏は大げさではなさそう。

f:id:ayuman18:20160915182236j:plain

 

コールマンの焚き火台:ファイアーディスクを実際に触ってみた

意外と大きい!

室内だからよりそう感じるのかもしれませんが、ファイアグリルより、かなり大きく感じます。でも外で囲むにはちょうどいい大きさかも。

 

展開は本当に早い

3秒は大げさですが、足を3箇所広げて網を乗せたら終了。焚き火なら足を広げるだけの3アクション!

収納袋からも取り出しやすいし、こりゃ本当に早いです。

 

撤収も楽そう

形状から、灰を捨てるのも洗うのも簡単そう。

極論、拭くだけでOKに思えますね。

 

足と網の耐久性がちょっと不安

まずは網。

3本の太いフレームが入ってるので、全体が変形することはなさそうですが、網の部分は変形しそうですね。定期的に交換できるように、安価にパーツ販売をしてくれればいいのですが。

 

次に足。

実際に体重をかけてみたら意外に頑丈に感じましたが、どうしても外に広がりそうなイメージが。どこか一本が広がってしまうと、安定性を欠くと思うので、注意が必要かも。これもアフターパーツがきちんとしてくれたら、問題ないんですけどね。

 

炭が真ん中に集まっちゃうな

どう見ても、炭は真ん中に集まる形。火力調整は難しそうなので、乗せるものの場所で焼き加減を調整する必要がありそう。また、空気が通りやすいとありますが、形状からは想像がつきません。

 

眩しいw 

宇宙と交信できそうな反射度合いw

使いこむことで、それなりの色になるのかな?

真夏の日中はまぶしいかもw

 

ユニフレーム「ファイアグリル」との比較は? 

f:id:ayuman18:20160915225559j:plain

バーベキューやダッチオーブンに対応可能でこの価格帯なら、ライバルはずばり、ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」でしょう。

私も長いこと愛用してますので、ちょっと比較してみます。

 

結論から言えば、

  • 焚き火可能なグリルを初めて買うなら、「ユニフレームファイアグリル」がオススメ
  • グリルは別にあって、焚き火メインならファイアーディスクはいいかも!

 

汎用性では、ファイアグリルの優等生ぶりには勝てないかなと。

オプションのヘビーロストルが一つあれば何でも対応可能で頑丈。収納もファイアーディスクよりコンパクト。構造的にも仕組み的にも理にかなってるし、安心感があります。

 

対してファイアーディスクは

思ったより収納は大きくなるし、見た目上、やや耐久性に不安を感じます。また、構造的にコールマンが言うメリットが得られるのかな?という疑問が少々。まあ、この辺は使ってないのでなんとも評価できないとこではありますね。

 

なので、初心者が初めて買う焚き火可能なグリルなら、ユニフレームのファイアグリルの方が、絶対に後悔がないと思います。

というか、ファイアグリルのデキが良すぎるんですね。

 

しかし、グリルは別にあって焚き火がメインなら話は別。

展開は笑えるほど早いし、掃除や片付けもかなり楽そう。キャンプ場によっては、灰も捨てられず、ファイアグリルなら、洗えない場所も結構ありますが、ファイアーディスクならゴミ袋にさっと捨てたら、あとは拭くだけで良さそう。

 

設営・撤収が楽ってポイント高いんですよねぇ。

それに雰囲気ありません?これは趣味ですけどねw

 

まとめ

f:id:ayuman18:20160915225752j:plain

私の場合、焚き火用で探していたので、見た目と設営・撤収の楽さにハートを射抜かれてしまいました。基本的にグリルとして使うつもりがないので、ファイーアディスクは、かなりいいんじゃないの?と思ってます。

 

しかし、初めて焚き火台兼グリルとして買うなら、ファイアグリルの方をオススメするかな。やっぱり、あれは超がつくほどの優等生。8年使って実感してます。まだ使っていませんが、ファイアーディスクは構造的に見ても、若干不安があるのも事実ですしね。

 

使用後のレポ

実際に使ってみたら、かなり良かった。

自信を持っておすすめできますよ!