読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

チャコスタ使ってる?スローキャンプは炉ばた大将より炭火でしょ!

f:id:ayuman18:20160907223537j:plain

キャンプといっても目的はそれぞれ。

私の場合、キャンプ場に行く目的はどちらか。

・他の目的のための単なる宿泊手段
・のんびりすごして、うまいキャンプ飯と酒を飲む

例えば釣りや旅が目的なら、キャンプ場は単に泊まる場所でしかないので、特にキャンプを意識せず目的優先。食事は手軽さが一番。

 

でもキャンプ場でのんびり過ごしたり、キャンプ飯や旨い酒を飲むのが目的なら、そこはできるだけこだわりたいし、こだわってる人達が好き。


炉ばた大将最高!ってホント?

f:id:ayuman18:20160921191210j:plain

よく「炉ばた大将」おすすめ!みたいな声を聞きます。

確かにお手軽便利!

私もよく使ってます。

 

 

これってベテランキャンパーなら、自分のキャンプスタイルに合わせた、選択をしてると思うんですけど、初心者や少し慣れたくらいで、ブログの記事なんか見て、これに行っちゃうのはどうなんでしょう。

キャンプが目的なら、「炭くらいおこそうよ」と思ってしまいます。

 

私も単なる宿泊手段の場合、イワタニシリーズを活用しますけど、のんびりキャンプが目的の時は、必ず炭火をおこします。

 

せっかくスローな時間を味わいに行ってるのに、そんな小さなとこで時間をケチるのがいやだし、やっぱり炭火の方がずっと美味しい。

 

にしても、オートキャンプで炭の火おこしって、そんなに手間なんかな?ここがそんなに手間だというなら、そもそも炭起こしの方法や、時間配分が間違ってるんじゃないの?という疑問が。

 

だから「炭起こし面倒=炉ばた大将最高」

みたいな図式になるのかなと。

 

気になって周りを見てみた

夏場のキャンプで周りを見てみると、炉ばた大将を使ってる人はそれほどいませんでしたが、やっぱり夏だからか、炭の火起こしに慣れてない人が多かった。

  • 頭にタオル巻いてウチワ全開の人
  • バーナーで着火しようと炭を燃やし続けて爆ぜてる人
  • エアーポンプで空気送り込んでる人
  • 液状の着火剤を大量に放り込んで、そればっかり燃えてる人
  • 全てをミックスしてる強者

どれも最初のうちに通る道。私も全てやりましたw

 

子供や奥さんが「がんばって!」なんて黄色い声援を送ってるのをみると、ほほえましくもありますが、そのうち険悪な雰囲気になってくるケースもあったりw

あれだけの労力と時間を、炭火起こしに取られるのは、たしかに辛い

「炉ばた大将」に心を奪われるのもわかります。


初心者脱出にチャコスタ(火起こし器)を使おう

わりと普通にみんな使ってると思ってた「チャコスタ」

でも意外と使ってなくてびっくり。

 

私は長年ユニフレームのチャコスタを愛用してます。

大小2種類ありますが、一つだけ買うなら、大は小を兼ねるので大きい方を。コンパクトにたためるし、何より頑丈で長く使えるのがいい。私は最近はユニセラばっかりなので、もっぱら小の方を利用してます。

他のブランドからも出てますが、どれも機能は変わらないでしょう。

 

 

使い方はいたって簡単。

  1. 煙突効果を得るために、真ん中を開けるように炭を縦積みでセット
  2. 焚き火台かバーベキューコンロの上で、固形の着火剤を燃やす
  3. その上にチャコスタを置く
  4. あとは20分くらい放置

これだけで、しっかりと炭火が起きます。

f:id:ayuman18:20160918215230j:plain

放置するまでにかかる時間は5分くらい。放置してる間は、のんびりしててもいいし、他の準備をしたりすればいい。あとは綺麗な熾火になったとこで、使うバーベキューコンロに移し替えるだけ。

そんなに手間かなぁ?と思うんですよ。

 

まあ炭の片付けも考えれば、もう少し手間は増すとはいえ、それだって火消ツボに放り込んで、灰をしかるべき場所に捨てるだけ。

 

炭は燠火になって初めて使えるもの。うちわやらガスバーナーで着火はできても、燠火になるには、かなりの時間、炭の面倒見てなくちゃなりません。

炭はチャコスタで放置して、燠火になるまで待つのが一番手間がかからないし、他のことができるので時間効率もよし。

 

炭もしっかり選びましょ

ホームセンターに売ってる、安いマングローブ炭を、箱のまま持ってきてる人たちも多かったですね。それはそれで悪くはありませんが、初心者を卒業するなら、炭もちょいと考えてみたらいいかも。


安い炭は火はつきやすいけど、爆ぜるし火力は低いし持ちも悪い。そのため、何度も追加が必要なの面倒だし、ちょっと危ない。

 

個人的には「岩手切り炭」がオススメ。

やっぱり備長炭が一番ですが、さすがに高価だし、これは燠火になるのに時間が掛かる。オガ成形炭はコスパはいいですが、やっぱりちょいと着火しづらい。

その点、岩手切り炭は、火力・火持ち・着火しやすさのバランスが一番よく、価格は高めですが、残った炭の再利用もできるし、コスパ的には十分満足できるかと。

 

コスパがよくオススメ。

 

 

スローなキャンプには「火」が似合うでしょ

手っ取り早く気分を味わいたい!というのも全然ありだけど、個人的には、のんびりと、美味しいお酒が飲みたい時は、やっぱりリアルな火が一番。

 

せっかく非日常を味わいにいってるのに、毎回、ほんの少しの手間を惜しんで「炭火で焼いたみたい」なんて妥協するのは、ちょっと無粋な気が。


焚き火もしかり、ただ火を見てるだけで楽しいわけで。

スローなキャンプには、本物の火が持つ雰囲気がいい。

 

まとめ

f:id:ayuman18:20160918215306j:plain

きちんとしたアイテムと手順なら、大して面倒じゃない炭の火起こし。

炭起こしが面倒!と短絡的に「炉ばた大将」を買って「時間の使い方がうまいよ俺!」「これで中級者だね!」なんて思うのはちょっと。

 

炭火を使うのは、焼き物だけじゃないし、きちんと炭火を起こせるというのは、キャンプを楽しむ上で大事なスキルなので、しっかりと押さえるべきポイント。

 

イワタニのアイテムはどれも優秀だけど、やっぱりTPO。いつでもそれを使うんじゃ、キャンプの楽しみ方としてもったいないと思うんです。

 

初心者なればこそ、チャコスタや炭の見直しをして、しっかり炭火を起こせるようになるといいですよね。

 

手を抜こうと思えば、いくらでも手を抜けるキャンピングカーに乗って、電子レンジとか使いまくってる私の、ちょいとしたこだわりを語るの巻でした。

 

炭火使うならこちらの記事もね