イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

炎上も様式美「武井バーナー パープルストーブ301A」の使い方・メリット・デメリット

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20161212125709j:plain

冬のキャンパーに必須な暖房器具。

冬のキャンプ場は本当に好きな人ばっかりで居心地のいい空間。しかし寒ければただの苦行ですからねw

目次

 

愛用ストーブ「武井バーナー パープルストーブ301A」

冬キャンプになくてはならない暖房器具。

幕内で使える(自己責任)ストーブといえば

  • フジカハイペット
  • トヨトミレインボーストーブ
  • アルパカストーブ

このあたりがメジャーですが、わが家が使用しているのは「武井バーナー パープルストーブ301A」

ちょっと無骨だし扱うのも少し面倒ですが、わが家にとっては本当にベストなストーブなんです。

購入時はフジカやトヨトミとすごく悩んだんですが、

  • 使用してる幕はコンパクトなリビングシェル
  • 幕の外でも使いたかった
  • 釣りでも使いたかった
  • 車の積載能力的に余裕がなかった

比較したストーブと比べるとだいぶ高価ですが、一番小型なストーブなのに火力(暖房能力)は非常に高く、リビングシェル程度の小型の幕なら十分に暖めることが可能。 かれこれ10年ほど愛用していますが、どんどん愛着が沸く逸品なんですよ。

武井バーナー パープルストーブの使い方

武井君は他のストーブのように、一発点火というわけにはいきません。

ケロシン(灯油)ランタン同様に、燃料を気化させなくてはならないため、ポンピング(加圧)とプレヒート(余熱)をしっかり行う必要があるんです。

 

燃料補給

f:id:ayuman18:20161212131003j:plain

f:id:ayuman18:20161212140116j:plain

まずは燃料(灯油)を補給。

ちなみに武井くんを立てたまま運搬できるなら、基本的に灯油は漏れません(する場合は自己責任で)

なので一泊の場合は、自宅で武井くんを満タンにして、予備にフューエルボトルを持っていくパターンがほとんど。厳冬期・寒い場所へ行く時や二泊以上の場合は、5リッターの灯油タンクを持っていきます。

給油の際も燃料計がついているので溢れる心配はありません。

 

武井くんを使う場合、フューエルボトルが一本あると便利ですよ。

ポンピング(加圧)をしっかりと!

f:id:ayuman18:20161212140336j:plain

次に行うのがポンピング(加圧)

手順は

  1. ポンピング用のレバーを40〜50回出し入れして空気を送り込む
  2. レバーが硬くなり押し込みづらくなる
  3. 最後まで押し込み、ひねって固定

手間といえば手間なんですが、加圧式の燃焼器具では必須の作業ですし、一種の儀式みたいなもんで、気分も盛り上がったり。初めての人もきっと楽しくなるはずですw

 

ちなみに燃焼中も圧力が落ちてくるため、メインバーナーの炎がオレンジに変わり、火力が落ちてきたら、都度ポンピングする必要があります。基本的にせまい幕の中ですから、動線はしっかりと確保しておきましょう。

 

ポンピングが面倒な場合は、オプションンパーツを使うことで自転車用の空気入れを使用することが可能。確かに楽にはなりますが、ポンピングも慣れると大した手間に感じなくなるので、好みの方法でいいと思います。

私も二回ほど空気入れを使用しましたが、空気入れを出す方が面倒に感じるようになって、今では普通にポンピングしています。

 

接続金具はこちら。冬キャンプの頻度が高い場合はあると便利です。

空気入れはこちらを使用しています。 

【最重要】プレヒートが武井くん炎上の決め手

武井バーナーを使用する上で一番大切なのがしっかりプレヒート(余熱)すること。これを失敗して余熱不足になると恐怖の炎上が待っています

 

プレヒートの手順は

  1. 余熱バーナーのコックを開ける
  2. 気化した灯油が噴射される
  3. チャッカマンなどで着火
  4. 秋口は3分程度・冬場は5分程度メインバーナー部分を暖める

これでプレヒートは完了です。

次にメインバーナーを点火

  1. 付属の火力調整ノブを差し込む
  2. 「開」の方向へノブを回せばメインバーナーが点火
  3. 余熱バーナーのコックを閉じる

これで武井バーナーが轟音とともに燃焼を始めますよ。

f:id:ayuman18:20161212140736j:plain

 

f:id:ayuman18:20161212141410j:plain

武井バーナーをしっかり燃焼させるには

まずはしっかりとポンピングすること。

加圧不足の場合、余熱バーナーから噴射される灯油が液状になって飛び散るので、着火すると炎が揺らめいて不安定になる上、飛び散った灯油が燃え上がったりします。

 

そして炎上する一番の理由がプレヒート不足。

この場合もポンピング不足と同様に、メインバーナーを開くと同時に大量の灯油が液状のまま噴射されるため、ド派手な炎上を見せてくれますよ。

 

ポンピングに関しては、扱いに慣れると加圧不足だと気付きますし、すぐに追加でポンピングを行えば問題ありませんが、プレヒート不足の場合は一気に炎上するので大変。

十分なプレヒートが何より大事ですね。

 

炎上までが武井くんの様式美

f:id:ayuman18:20161212141722j:plain

えらそうに説明しておきながら…

燃えてるじゃないか!

 

10年も使ってるわりには、シーズン初めに必ず炎上騒ぎをやらかします。

久しぶりに使う時は慎重にやるため割と問題ないんですが、シーズン二度目の使用時が鬼門。あっという間に季節は進むため、前回と同じ感覚でやるとプレヒート不足になってしまうんですよね。

f:id:ayuman18:20161212142428j:image

炎上するとホヤは真っ黒…。まあしっかり燃焼させれば、使っているうちに煤も落ちてきますので心配無用です。

 

武井バーナーパープルストーブ301のメリット

他のストーブと比べてみても、決してお手軽とは言えない武井くん。しかしその手間を補って余りある魅力の持ち主なんですよ。

びっくりするほどコンパクト

 

f:id:ayuman18:20161212142549j:image

武井バーナー301Aのサイズは「160mm×330mm」

キャンパーに大人気のフジカハイペット(310mm×432mm)と比較しても、すっごくコンパクト。

荷物が増えがちな冬キャンプで、コンパクトに積載できるのは代え難いメリットなんですよね。今の私はあまり多くの荷物を詰めないキャンピングカーに乗っているため、ありがたみをヒシヒシと感じています。

 

私が使用している「コールマンのソフトランタンケース」は残念ながら廃盤になったようです。

サイズ的には、こちらのランタンケースでも使用できますね。 

火力が強く暖房能力が高い

コンパクトな体に似合わず、武井バーナーの火力は非常に強いんです。


リビングシェル程度の大きさなら、十分な暖房能力です。

 

調理も余裕で可能

f:id:ayuman18:20161212142626j:image

f:id:ayuman18:20161212145513j:plain

五徳を乗せれば、ケトルでお湯も簡単に沸かせるし調理も可能です。

それなりの火力調整も可能ですが、弱火は暖房能力と引き換えになるため、基本的に強火で調理するものがベター。今回はちびパンでハンバーグの両面を焼いたり、アクアパッツアを一気に煮込んだり。

ぶっちゃけると、武井くんが一番得意な料理は炒め物。他のストーブとは真逆で、コトコトと煮込むのは苦手なんです。

  

外でも使える

f:id:ayuman18:20161212143905j:image

他の石油ストーブだとほとんどが幕内で使うと思いますが、武井バーナーは外でも使えるのが嬉しいメリット。

「軽い」「場所を取らない」「火力が強い」「風に強い」ため、気軽に外へ持ち出せます。

真冬は焚き火をしてても足元は寒いもの。そばに武井バーナーを置いてあげると足元も暖かくなるので、女性は大喜びですよ。

 

会社が信頼できる・修理対応も万全でした

実は一度故障(灯油もれ)してるんです。

しかたなく修理を依頼しましたが、修理費用も良心的で素早い対応でした。しっかりとしたアフターサービスがあるから、安心して使い続けることができますね。

 

所有の満足度が高い

f:id:ayuman18:20161212142725j:image

見た目のレトロさ、可愛さ、真鍮製の手のこんだ作りこみ。武井くんは所有する満足度が非常に高いアイテムだと思います。

 

武井バーナー パープルストーブ301Aのデメリット

着火までの手間がかかる・失敗したら炎上

一発着火のストーブに比べ手間もかかるし、ミスれば炎上するという。
普通のストーブの便利さ・ありがたみを味わえますよw

 

燃料が5時間未満

公表されてる301の燃焼時間は5時間。

実際はもう少し短くて4時間~4時間半程度。


真冬に日が落ちてから点火しても、就寝するまで少し足りない感じです。そのため、消化→燃料補給→点火までの作業をワンセットする必要が。


給油の回数を減らしたいなら、501Aを選択するのもありですが、コンパクトさが犠牲になりますし、価格もずいぶん上がってしまいます。この辺はお好みですね。

  

自宅では使えない

武井くんは他のストーブと違って自宅では使用できません。

レインボーストーブなんかは自宅でも雰囲気ありますし、その点は残念。まあでも、自宅でも使えるからと買ったものも、ほんとに自宅で使ってんの?とは思います。

 

他のストーブに比べて価格が高い

私が購入した頃はもっと安かったと思うんですが、今見ると高いですねぇ…。

 

音は結構うるさい

正直言っていい音出しますが、食事中に気になるレベルではないし、使ってるうちに慣れると思います。

 

まとめ:武井バーナー パープルストーブは、ちと面倒だが優秀なストーブ

f:id:ayuman18:20161212143101j:image

武井バーナーパープルストーブは、他のストーブに比べればちょいと手間が必要なアイテム。しかも失敗すると「炎上」騒ぎを起こすことも。

 

でも、このサイズでこの暖かさ?と感じるほどの「コンパクトさ」と「高火力」は他のストーブにはないもの。レトロな雰囲気ながら、メイドインジャパンのしっかりとした作りは、所有欲も満たしくれます。

 

車の積載に余力がない人・あまり大きくない幕を使ってる人に、武井くんはかなりおススメなストーブですよ。

2017/10/4追記ー炎上させすぎると壊れるという話

冬キャンプにはリビングシェルのサイズがちょうどいいですよね

武井バーナーと相性バッチリ

最近お気に入りの焚き火台