読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

デリカD5の究極進化はキャンピングカー:アウトドア最強の車中泊車じゃないか?

f:id:ayuman18:20170217233957j:plain

デリカD5って「オンリーワン」

私自身、長いこと乗っていましたが、他の車にはない魅力を持った相棒。

 

デリカD5を選ぶアクティブな人にとって「もっと遊びたい」と思うのは自然なニーズ。それを叶えてくれる究極の進化系が、デリカD5ベースの「キャンピングカー」じゃないでしょうか。

 

今、キャンピングカーに乗ってる私からすると、デリカD5ベースのキャンピングカーは、アウトドアで最強のバンコン・車中泊車じゃないかと思います。

 

目次

 

元デリカD5乗りがいいところを語る

私はキャンカーに乗る前「デリカD5」に7年ほど乗ってました。

 

デリカを選んだ理由は、きっとみんなと同じ

デリカD5が「オンリーワン」の車だから

 

ミニバンなのに

  • 剛性の高いボディ
  • 高いグランドクリアランス
  • ロック機能のある4WD

さすがに本格的クロカンSUVほどではありませんが、それ以外の車とは比較にならない悪路走破性。

  

海・山・川・悪路・雪山、どこにでも連れてってくれる頼もしい相棒でした。

 

「泊まれたら最高なのに!」

f:id:ayuman18:20170217234250j:plain

荷物も詰めるし、オンロードでも標準以上の走りができて悪路に強い。まさに釣りやアウトドアには最適な車だと思います。


だからこそ思ったのが

「泊まれたら最高なのに!」

 

もちろん車中泊はできるし、それなりに工夫すればある程度は快適に過ごせます。実際、私も数えきれないほど車中泊をしました。

 

でもデリカって

  • シートの凹凸が大きい
  • 寝ようとすると荷物が乗らない

残念ながら、あまり車中泊に向いてないんですよね。

f:id:ayuman18:20170217234749j:plain

アクティブに遊べるデリカD5だからこそ「前乗り」や「快適な車中泊」ができたら、すごく大きなアドバンテージになると思うんですよね。

 

結局、私はキャンピングカーに乗り換えましたが、その時点ではデリカD5のキャンピングカーがあることを知りませんでした。

 

ケイワークス:デリカD5クルーズ

ところがあるんですね、デリカD5のキャンピングカー。

「ケイワークス:デリカD5クルーズ」

f:id:ayuman18:20170217235036j:plain

キャンピングカーというよりは、車中泊車に近いかもしれません。

でもこれ、釣り車・アウトドア車としては最強じゃないですか?

 

このキャンピングカーを作成している「ケイワークス」さんは、いい・悪いも含めた情報開示をすごくしっかりされてます。

 

いいことしか出さないビルダーも多い中、こういった姿勢はすごく共感できるし、真剣にキャンピングカー作りに取り組んでる感じがいいですね。

 

ディーラーからも販売「デリカD5 D:POP」

なんとディーラー(西尾張三菱自動車)からも、D5ベースのキャンピングカー(車中泊車)が販売されてるんですよ。

 

こちらもケイワークスさんの協力を得ながら作成するようです。でもディーラーからの購入なら、いろんな意味で安心ですよね。

 

ただ見る限りでは、フラットなベッドにするのがちょっと手間に感じますね。このあたりはディーラー販売の限界なのかもしれません。

 

基本的にポップアップルーフがメインのオプションと思った方が良さそうです。

 

デリカD5のキャンピングカーに乗るメリット

詳しくはケイワークスさんのHPに出ています。

書かれているメリットはまさにその通り。


キャンピングカーの代表格「バンコン」のベース車は「ハイエース」がデフォルト。広い室内空間を活かした快適なモデルがたくさん出ています。

でもデリカD5だからこその、メリットがあるんですよね。

 

ハイエースでは味わうことのできないメリットについて、デリカD5に乗って釣りやキャンプを楽しんできた経験から、わたし目線でいくつかまとめてみました。

 

走破性が高く、ほとんどの場所にいける

f:id:ayuman18:20170217235350j:plain

デリカD5の悪路走破性はキャンピングカーのベース車では最強。ハイエースなんておよびじゃないレベルです。

 

私はいつも和歌山県の熊野川や日置川など、かなりハードな河原に突入してましたが、デリカD5で一度もスタックした事はありません。

f:id:ayuman18:20170217235559j:plain

この川は2WDで進入するのは無理。

普通の4WDでも状況によっては簡単にスタックするため、本格SUVとデリカに許された場所でした。ロック付きの4WDの威力ってやっぱりすごい。


調子に乗った砂浜では一発スタックした苦い思い出もありますw

無理しやすい車だからこそ、JAfは入っておきましょう。

そんな車がキャンピングカーだなんてゾクゾクしますよ。

 

ミニバンサイズで困らない

サイズはハイエースのナローよりも小さく、河原に降りるための草ぼうぼう「けもの道」みたいな場所でも侵入できます(してました) 

デリカは「小さな傷もいや!」と思う人には、向かない車ですねw

 

もちろん街乗りでは駐車場をふくめ、気を使うことは皆無です。


走り・乗り心地が格段にいい

もともとミニバンですから、足回りは普通車。乗り心地も上質とまではいいませんが、貨物車のハイエースとは比較になりません。

 

走りに関しても同様で、特にクリーンディーゼルはトルクフルで高燃費な走りが期待できます。エアストリームの牽引車としても行けるくらいです。

f:id:ayuman18:20170219010845j:plain

このパワーすごいですよね。

 

完全に普段使いできる

見た目は完全にミニバンですから、ファーストカーとして違和感なく普段使いができます。

 

いくらバンコンではメジャーなハイエースが普段使い可能と言っても、世間一般から見れば「貨物車」「仕事ぐるま」

でもデリカを見て、キャンピングカーと気付く人はいないでしょう。

 

ポップアップルーフがオプションで選択可能

高額なオプションですが、デリカD5を使うシーンではポップアップルーフはかなり使えそう。

特に夏場のアウトドアでは、暑さ対策の面でもポップアップルーフが大活躍してくれると思います。 

 

デリカD5キャンピングカーのデメリット

デリカD5乗りにとって究極のメリットが得られるキャンピングカーですが、もちろんいいことばかりではありません。

 

普通にキャンピングカーとして使うなら、ハイエースベースのバンコンの方が断然使いやすいでしょう。

 

旅車には向いてない

キャンピングカーは「旅くるま」

残念ながらこの点は、キャブオーバーのハイエースに比べて格段に劣ると思います。

 

室内の広さが断然違いますから、寝るのが精一杯。シンクなども架装できるようですが、収納が犠牲になることを覚悟しなくては。

 

あくまでも「使用人数は二人まで」「快適な車中泊車」の位置づけだと思います。

旅を中心に考えるなら、ハイエースのバンコンをチョイスするべきですね。

 

積載力が足りない

f:id:ayuman18:20170218001642j:plain

走りの面では最強のアウトドア車も、ベッド展開するなら積載力が全然足りません。

ここはかなり頭の痛い部分でしょう。

 

解決策としては

  • サイクルキャリアをつけ工夫する
  • リアラダー&キャリアで屋根に積む
  • ポップアップルーフを架装する

こんな手が考えられますね。


デリカの積載パーツはたくさん発売されていますので、解決する手立ては十分あると思います。

 

ちなみに私はキャリア派で、屋根上を活用していました。デリカとキャリアの組み合わせってカッコいいんですよね。

 

ハイエースよりリセールが下回る(かも

ハイエースのバンコンはリセールバリューが高い車。

デリカD5も根強い人気がありますが、キャンピングカーとして一般的ではないので、リセールが読めないのが本音。

もっとも欲しい人は欲しい車でしょうから、思わぬ高値で売れるかもしれません。

 

まとめ:デリカD5の究極進化はキャンピングカーじゃないですか?

f:id:ayuman18:20170219011705j:plain

デリカD5はオンリーワンの車。

そんなデリカD5が「キャンピングカー」になったら…。

 

デリカに乗りたいと思う人ならワクワクしませんか?

デリカD5の究極進化&最強のアウトドア車だと思うんです。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ