読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

びわ湖を満喫!マイアミ浜オートキャンプ場のレビュー

f:id:ayuman18:20170318025615j:plain

2017/3/4~5

びわ湖湖畔ではもっともメジャーなキャンプ場「マイアミ浜オートキャンプ場」へ行ってきました。

 

びわ湖の眺望が素晴らしい高規格キャンプ場。施設・サイト・いい所やイマイチな点を紹介します。

 

目次

 

マイアミ浜オートキャンプ場の基本情報(料金・チェックイン・アウト・アクセスetc)

所在地: 〒524-0201 滋賀県野洲市井口3326−1
電話 : 077-589-5725
 

チェックイン・・・14:00

チェックアウト・・翌日12:00

 

利用料金はちょっと複雑

マイアミ浜オートキャンプ場の料金って、ちょっと複雑なんですよね。

  • テントサイトとキャビンがそれぞれ3種類(A・B・C)
  • シーズン設定が5種類(トップ・ハイ・オン・バリュー・オフ)

サイトとカレンダーを照らし合わせて料金がわかります。

 

■カレンダーと料金はコチラ↓

http://www.maiami.info/ryoukin/2016.htm

 

シーズンによって利用料金の格差が大きく、例えばAサイトの場合、トップシーズンとオフシーズンの価格差は5200円。

夏場は他のキャンプ場と比較しても利用料金は高め。逆にオフシーズンは、かなりお得感が感じられるメリハリのある料金設定です。

 

予約の際、親切に料金を教えて頂けますが、時期によっては「高くてビックリ!」なんてパターンもあるので、事前にきちんとカレンダーを確認しておきましょう。

 

マイアミ浜へのアクセスと混雑度

基本的に湖西道路から「びわ湖大橋」を渡るのが一番近いです。

でも週末の湖西道路は、坂本北からの渋滞がお約束。特に夏場はかなりひどい状況になるため、名神の「栗東IC」「栗東湖南IC」を使った方が早い場合もあります。

 

夕飯のお買い物

どちら方面から向かうにせよ、道中に大きなスーパーがたくさんあり、買い物には困りません。個人的に「ここがおススメ!」と思うのは二つ。

 

ピエリ守山

f:id:ayuman18:20170318031002j:plain

ピエリ守山の中にある「生鮮食品館 TOKUYA」の鮮魚コーナーはぜひ一度行ってみて。かなりイイモノが驚きの価格で売られています。

 

私はこちら方面へ出かけた場合、必ず立ち寄ることにしています。他のものも全般的に安くて、キャンプの買い出しにはピッタリですよ。


道の駅びわ湖大橋米プラザ

f:id:ayuman18:20170318031216j:plain

びわ湖大橋のたもとにある道の駅で、眺めも良くちょっと立ち寄るのも楽しい場所。

何よりも新鮮な野菜がたくさん売ってるんです。

この日買った「三色のニンジン」は、本当に美味しかった。写真の野菜はセロリを除いて全てこちらで購入。どれも安くて味は抜群ですよ。

 

管理棟~セキュリティゲート

f:id:ayuman18:20170318031745j:plain

マイアミ浜オートキャンプ場はコールマンと提携しているようで、管理棟には、所せましとコールマンのアイテムが並んでいます。

f:id:ayuman18:20170318031826j:plain

応対はとても丁寧で、手続き後にセキュリティゲート用のカードを渡されます。これがないとゲートをくぐれませんので、少し安心できますね。

 

入浴

近場のお風呂は「みずほの湯」と「ほたるの湯」

どちらも車で15分ほどはかかりますから、チェックイン後に行くのはやや不便。

滋賀県守山市にある本格日帰り温泉 守山天然温泉『ほたるの湯』

 

マイアミ浜オートキャンプ場:各サイトの紹介と施設

広大なマイアミ浜オートキャンプ場は、3つのゾーンに区切られています。

ABCそれぞれ雰囲気が違い、どのサイトも施設はとても充実。

 

関西屈指の高規格「Aサイト」

湖に面したサイトと林間の雰囲気を残した、マイアミ浜オートキャンプ場のメインサイト。

f:id:ayuman18:20170318033808j:plain

f:id:ayuman18:20170318032901j:plain

木立に囲まれた広々としたサイトには「個別のシャワールーム」と「水場」「AC電源」が設置されており、関西屈指の高規格

 

管理棟・セキュリティゲートからも近く、林側は夏場でも涼しく落ち着いた雰囲気があります。

 

料金設定は高いものの、他のサイトでは味わえないリゾート感があり、特に夏場は利用価値が高いでしょう。

 

開放感抜群の「Bサイト」

常にびわ湖が視界に入る湖側が人気。マイアミ浜オートキャンプ場で一番開放的な雰囲気なのがBサイトです。

f:id:ayuman18:20170318034024j:plain

びわ湖がすぐ目の前。

広々としたサイトは、植え込みで綺麗に区画されて、プライベート感も確保。設営もしやすく、大きめのツールームテントでも問題ありません。

 

びわ湖を眺めながら、のんびりビールを飲んだりすると「最高やなぁ」と思えるサイトです。

f:id:ayuman18:20170318034702j:plain

Aサイトほどではありませんが、十分な高規格キャンプ場ですが、次のようなマイナス面が

  • 日除けになるものがないため真夏は灼熱
  • びわ湖からの風をまともに受けやすい
  • サイトのトイレが循環式水洗
  • 併設のコテージに迷惑客が来る可能性が高い


この中で一番問題なのは、コテージにくる迷惑キャンパー

私はBサイトの雰囲気が一番好きなので、よく利用してるんですが、ほぼ100%コテージの迷惑キャンパーに当たります。

f:id:ayuman18:20170318035343j:plain

 

落ち着いた雰囲気のCサイト

f:id:ayuman18:20170318035439j:plain

管理棟・入場ゲートから一番奥まった場所にあり、作り的にはBサイトに近いですが、落ち着きがあっていい感じ。

Bサイトとの違いは、不定形なサイトが多く、やや狭いこと。

 

Cサイトのトイレは綺麗に清掃された水洗トイレ。Bサイトの循環水洗が苦手ならこちらの方がいいでしょう。ただし洗い場がBサイトと共有になるため、一番遠い場所からは結構歩く必要がありますね。

f:id:ayuman18:20170318035901j:plain

こちらにも中心にコテージがあるんですが、あまり迷惑客にはあったことがありません。

 

ABサイト設置のコテージと違い、手ぶらキャンプができないため、きちんとしたキャンパーが来るためでしょう。

この点だけでも個人的にCサイトのほうが使いやすい気がします。

 

手ぶらキャンプでグランピング気分に「コテージ(ヴィラ)」

f:id:ayuman18:20170318035959j:plain

各サイトにコテージ(ヴィラ・ケビン)があり、A・Bサイトの「ヴィラマイアミ」「マイアミケビン」は手ぶらキャンプが可能。

 

タープ・チェア・テーブル・焚き火台・調理器具・シュラフなど、必要なものは全て付属しエアコンも完備。

 

まさにお手軽キャンプが可能で、広々したサイトはちょっとしたグランピング気分を味わえます。

エアコン完備のため、夏場の暑さも冬の寒さも問題なし。こういう経験を通じてキャンプ・アウトドアが好きになれたら一番ですね。

f:id:ayuman18:20170318040421j:plain

 

炊事場・洗い場・ゴミ処理 

f:id:ayuman18:20170318040851j:plain

水回りは常に綺麗に清掃されて使いやすいです。

しかしサイトの数に対してやや不足気味で、トップシーズンは混みあうことも。

 

f:id:ayuman18:20170318040847j:plain

ゴミは細かい分別が必要ですが、ほとんどのゴミを引き受けてくれます。

 

トイレ・シャワー

トイレは場所によって当たり(水洗)はずれ(循環式)が。

循環式が嫌なのは気分的なもので、決して清掃が行き届いてないわけではありません。でも古さは否めませんし、わが家の女性には不人気です。

 

特にBサイトはメインのトイレが循環式のため、それが嫌な場合はA・Cサイトの奥まで行かねばなりません。

f:id:ayuman18:20170318040855j:plain

Bサイトに設置されているコインシャワーもちょっと老朽化してるかな?という感じ。温泉には車で行かねばならないため、シャワーの利用価値は高いんですけどね。

 

マイアミ浜オートキャンプ場のいいところ・悪い所まとめ

f:id:ayuman18:20170318045718j:plain

マイアミ浜オートキャンプ場のいいところ

  • アクセスの良さ、買い物などの利便性
  • びわ湖の素晴らしいロケーション
  • 綺麗に区画され使いやすく、趣が違う各サイト
  • 手ぶらOKな冷暖房完備のコテージがありお手軽キャンプが可能
  • オフシーズンの料金設定がある


何といっても、びわ湖の素晴らしいロケーションと高規格キャンプ場の組み合わせは、「これぞキャンプ!」という気分になれること間違いなしです。

 

湖西道路の渋滞がやや面倒ですが、京阪神からのアクセスも良く、買い物も便利。


さらに手ぶらOKなコテージでは、気軽にグランピング気分を味わえる上、オフシーズンならコストパフォーマンスも抜群。

 

マイアミ浜オートキャンプ場の残念なところ

マイアミ浜オートキャンプ場の残念な部分は

  • 夏場の週末は料金が高い
  • 近くにお風呂が無い
  • キャンプ場は遊泳禁止
  • コテージに迷惑キャンパーがくる可能性が高い


夏場の週末はちょっと割高かなぁ。施設やロケーションから考えれば妥当かもしれませんが、もう少し安ければ…と思うのが正直なところ。

またびわ湖に面していながら「遊泳禁止」なのは、お子さん連れの方にとって、かなり残念なポイントですね。

 

個人的に一番残念なのは、手ぶらキャンプが可能なために、バーベキューの延長としか考えていない迷惑キャンパーにほぼ100%当たること。

 

静かに過ごしたいキャンパーにとっては、深夜まで続く大騒ぎは、本当に気分を害されるものです。

 

利用当日の出来事。またもや「迷惑キャンパー」遭遇

f:id:ayuman18:20170318045214j:plain

久しぶりのキャンプを楽しみに来てるのに、今回もまたまた「迷惑客」に遭遇。本当にマイアミ浜のBサイトでは100%かち合いますw

私の運が悪いだけなんでしょうか…。


今回の迷惑客は、大騒ぎというほどではないものの、とにかく大音量で音楽をかけ続けるパターン。聴きたくもない音楽を聴かされる身になれないもんかな?

 

さすがにムカついて注意しに行こうと思ったら、嫁さんが「絶対ダメ」と。まあ最近は逆ギレも怖いですからね。やむなく管理人に注意してもらおうと思ったら、代表電話は受付終了。

 

定期的に注意点をアナウンスするんですが、それじゃ効果がないのは分かってると思うんだけどなぁ。マイアミ浜の管理人さんには 適切な巡回と指導を強化することを心からお願いしたい。


ちなみに翌朝も、朝一番から大音量でゴキゲンさん。

チョイスしたアルバムは「松山千春ベスト」でしたが、趣味がよーわかりませんw

 

近くの見どころ:第一なぎさ公園の菜の花畑

f:id:ayuman18:20170318043218j:plain

帰り道に立ち寄ったのは「ピエリ守山」のすぐそばにある「第一なぎさ公園」

公園一面に菜の花が咲いていました。

 

どうやら1月上旬から2月下旬まで長期間咲く「寒咲花菜」という早咲きの菜の花のようです。

じゃらんより引用

菜の花畑について

1月上旬~2月下旬にかけて「寒咲花菜」という種類の早咲きの菜の花が敷地一面に咲き乱れます。琵琶湖の向こうに見える雪をかぶった比良山と12,000本もの黄色い菜の花のコントラストは絶景と有名。

f:id:ayuman18:20170318043619j:plain

f:id:ayuman18:20170318043623j:plain

f:id:ayuman18:20170318044150j:plain

菜の花畑と雪の残る比良山系。

思わぬところで素晴らしいコラボレーションに出会えました。

これは来年もこの時期にリピート確定ですね。


まとめ

f:id:ayuman18:20170318044733j:plain

素晴らしいロケーションと高規格な施設を持つ「マイアミ浜オートキャンプ場」

割と高めの料金設定もうなずける、満足度の高いキャンプ場です。

 

それゆえに残念な部分が目立ってしまいます。

キャンプ場自ら「利用客のマナー向上」を図ってくれることを期待したいですね。

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

 春になったらついでに訪れたい場所