読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

急ごう!ふるさと納税:上限3割の通達で返礼品の削除や見直しが始まる。アウトドア関連はどうなった?

f:id:ayuman18:20170401085457j:plain

「ふるさと納税の返礼品」は上限3割までという通達が出るようです。

すでに各自治体は見直しの動きを始めました。

 

目次

 

ふるさと納税の問題点

ふるさと納税の一番の問題点は「逆進性」

寄付可能額以内なら

  • 自己負担の2000円は変わらない
  • 所得が高い人ほど多額の寄付が可能
  • 寄付額に応じた返礼品が戻る

たくさん寄付できる高額所得者ほど得する仕組み。

 

そんな批判を受けやすい仕組みに加えて、実態は「自治体による税金のぶんどり合戦」

集めたいところは返礼品の魅力競争に走り、取られた方は文句を言う状況に。

 

地方への再分配という大義はあるものの、金持ちが得する仕組みではマスコミを味方につけるのも難しい。

 

そんなふるさと納税の問題について、年末から様々なニュースが出てましたが

  • 返礼品の上限は3割
  • 商品券や家電製品などの換金性の高いものは禁止

と総務省より正式な通達が出るようです。

 

強制力はないとのことですが、地方の役所では国の意向に逆らえるわけもなく、今流行りの「忖度」せざるを得ないでしょう。

 

すでに家電製品などが返礼品から削除され始めた

今回の規制のきっかけは、商品券や家電製品などの換金性の高い返礼品が問題になったこと。

中には地域と無関係な商品を購入して返礼品に当てていたケースもあるようで、ふるさと納税の主旨とはかけ離れたものもあったみたい。

 

そんな中、こんな記事を見ました。

確認してみると確かに削除されています。

通達が出るというニュースは今日出たはずですが、速攻で削除とは…事前に色々と交渉があったことが推察されますね。

 

アウトドア関連はどうなる?

私が過去記事であげた3つの寄付先

  • 長野県駒ヶ根市 SOTOステンレスダッチオーブン
  • 岡山県総社市  スノーピークのアイテム
  • 長野県小谷村/大阪府千早赤阪村 モンベルポイントバウチャー

これらの寄付先がどうなってるか調べてみました。

 

長野県駒ヶ根市

こちらはまだ寄付可能でした。

60000円の寄付でSOTOステンレスダッチオーブンがゲット可能。

しかし「SOTO ステンレスダッチオーブン」は、amazonでの実売価格が20000円を切ってますね。ということは返礼品の上限は3割までという条件を満たしています。

これなら問題なく続けられるかもしれません。

 

SOTOのステンレスダッチオーブンは、迷わずオススメできる逸品ですよ。

 

岡山県総社市のスノピ返礼品は廃止。三条市の返礼品に「手ぶらキャンプコース」が

スノーピークのアイテムは無くなっていました。

もともと寄付額も20万円でしたから、対象にする人も少なかったかも。

 

他にスノーピークがあるの?と思って調べてみたら、地元「三条」にありました。

なんと三条市に60000円の寄付をすると「手ぶらキャンプ体験コース」が返礼品に。

スノピの本社に隣接したキャンプ場「スノーピークHQキャンプフィールド」で手ぶらキャンプが可能というもの。

 

キャンプを始めたい人にはオススメできるかも。

 

長野県小谷村

長野県小谷村へ寄付を行うと、寄付額に対して50%のモンベルポイントバウチャーが返礼品としてもらえるため、アウトドアを楽しむ人にとってかなり価値が高い返礼品。

 

「どうなんだろう?」とドキドキしながら見ると…3/31現在では変わらず寄付が可能。

 

「さすが!モンベル!」なんて思ったんですが、急いだ方がいいかもしれません。

というのも、同じ返礼品を出している「大阪府千早赤阪村」に気になる記述があるからです。


大阪府千早赤坂村

f:id:ayuman18:20170401090821p:plain

こちらでもモンベルポイントバウチャーを受け取ることが可能。返礼品の率は「小谷村」と同じで寄付額に対して50%。

 

千早赤阪村も3/31現在、モンベルポイントバウチャーの返礼品がありました。

しかし、非常に気になる記載が

 

【ふるさと応援寄付金謝礼品カタログ改正のお知らせ】


謝礼品の充実を図るため、平成29年3月31日をもちまして改正することとなりました。
それにあたり、謝礼品のポイント数が変更になる場合がございますので、
すでに希望の品が決まっている場合は
現在のカタログの有効期限内に申込をするようお願いいたします。
なお、新しいカタログは4月下旬~5月中旬に発送する予定となっております。
皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

記載の内容を見ると、5月中旬までには新しいカタログ送るから、今のポイント還元率で返礼品が欲しい場合、有効期限内で申し込みしてね!という内容。

 

今後ポイントバウチャーは厳しいと思う

魅力的な返礼品ゆえ、モンベルポイントバウチャーは総務省の通達に思い切り引っかかってるかもしれません。

 

モンベルポイントバウチャーは

  • 金券ではなくポイントだが、実際は現金と等価値
  • アイテムにしてしまえば換金も容易
  • 寄付に対する返礼品が3割を超える

 

普通に考えれば、アウトになる可能性が極めて高いと思います。

私は急いで今年のふるさと納税を済ませましたよ。 

 

すでにゲットした今年のポイントで「ヘリノックス サンセットチェア」を追加する予定です。こちらもオススメできる逸品。

まとめ

ふるさと納税に対する規制が本格化してきました。総務省から正式な通達が出た上、すでに様々な方面で動きが出ています。

 

アウトドアを楽しむ人にとって「モンベルポイントバウチャー」は非常に価値の高い返礼品。すでに大阪府千早赤坂村では見直しに着手したことが明言されました。

希望する人は急いだ方がいいでしょう。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

 

昨年行ったふるさと納税の手続きとゲットしたもの