イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

長崎市内観光の車中泊ポイント「長崎市営松山町駐車場」

この記事をシェアする

2017年の年末〜年始は、キャンピングカーで長崎を旅をしてきました。

長崎ならではの諸事情から、今回は「長崎市営松山町駐車場」に3泊も車中泊させていただきましたので紹介します。

目次

  

【大前提】長崎市内観光は車中泊に不向きなんです

ぶっちゃけ長崎市内って車中泊には不向きなんですよね。長崎に遊びに行くなら飛行機の方がずっと楽やなあと、旅から帰ってきた今も思ってますw

 

長崎って

  • 九州の端の方なのでくるま旅の旅程に組み込みづらい
  • 市内観光に車は絶望的に向いてない
  • そんな市内に観光資源が揃っている
  • 市内に便利な道の駅がない

 

私の場合

  • 直前まで鹿児島へ行くつもりでフェリーのキャンセル待ちをしてた
  • 長崎へ行くならハウステンボスとセットで行きたい
  • キャンカー乗りの意地w

という個別の事情もあり、車中泊に向いていないことを承知の上で長崎へ向かうことにしました。

事前に調査した結果、いくつか候補がありましたが、今回は「長崎市営松山町駐車場」にお世話になることに。

  

長崎市営松山町駐車場の車中泊情報

アクセス・場所

 

平和公園からすぐ近く、長崎市内を走る路面電車の「松山町駅」からすぐ。路面電車が走る主要道路からすぐなので、迷うことはないと思います。

 

料金

一律:30分120円

  • 普通車ー7:30~22:00まで2時間超の場合610円。22:00~翌7:30は40円/30分(夜間料金)
  • バスー7:30~22:00まで最初の1時間740円/30分、1時間超の場合2,050円。22:00~翌7:30は50円/30分(夜間料金)
  • マイクロー7:30~22:00まで最初の1時間370円/30分、1時間超の場合1,020円。22:00~翌7:30は50円/30分(夜間料金)

 

30分120円と、それほど安くないように見えますが、なんと二時間を超えると普通車の場合610円で打ち止め。22:00から7:30までは30分40円なので、朝まで駐めると760円。

日中はこちらに駐車したまま電車や徒歩で市内観光をし、車中泊した場合1370円ということになりますね。

 

【注意】キャンピングカー料金

松山町駐車場では、車高で普通車とバスを判断しているため、車高のあるキャンピングカーの場合、入場の時点ではバス扱いになってしまいます。(駐車券もバス用の場所から出てきますよ)

 

入り口の自動発券機では、駐車券を一旦受け取って、地下にある事務所に持っていくと駐車券を普通車に変更してくれます。

管理人さんも親切で、入場時に気づいたら「事務所に来てください」と説明してくれました。

 

市営松山町駐車場で車中するメリット

観光に便利な路面電車の松山町駅まで30秒

長崎市内の足と言えば…路面電車です。

これが他県の人には想像できない便利さで、本数はめっちゃ多いし料金は120円と破格。

ほとんどの観光地巡りはこれでOK。松山町駐車場は路面電車「松山町」駅からわずか30秒の距離なので、観光拠点としてめっちゃ便利ですよ。

というか長崎市内をマイカーで観光すると、嫌になること間違いなしです。まして図体のデカいキャンピングカーなんて論外かも。

 

ちなみに路面電車には一日乗車券(500円)が設定されてます。こちらは車内では買えませんが、松山町駐車場の事務所で購入できますので、観光するなら是非購入することをおすすめしますよ。

すぐそばにトイレあり

松山町市営駐車場の入り口には24時間使用可能な公衆トイレがあります。

コンビニがすぐ 

松山町駅の隣がコンビニなので便利ですよ。

夜間の利用者が少なく気を使わない

年末だったのもあるかもしれませんが、夜間の利用はほんと少なかったです。連休の道の駅は混雑しがちですが、こちらではゆっくり過ごせました。 

 

市営松山町駐車場で車中泊するデメリット

電車の音がうるさい

便利の裏返しですが、駐車場の後ろは路面電車、かつ高架の上はJRが走っています。路面電車の本数はかなり多いため、夜でも賑やかでした。

私が乗っているキャンカーは、それなりに防音が効いてるのでまだマシだとおもいますが、普通車だとかなりうるさいかも。

耳栓だけは用意した方がいいと思います。

 

高架下なので、ソーラー充電不可

困ったのが、高架下ゆえにソーラー充電不可なこと。

いくら冬とはいえ、冷蔵庫やFFヒーターで電力を使うので、迷惑がかからない時間にアイドリング充電を何度かするはめに。とはいえ駐車場の利用状況から短時間ならほとんど気を使わずにすみます。

 

お風呂がちょっと遠い

近場のお風呂は「稲佐山温泉ふくの湯」

こちらは、露天風呂から市内を一望できる素晴らしい日帰り温泉ですが、それだけ登ってるということ。ちょっと徒歩で行くのは現実味がないため、タクシーか、駐車場から出てマイカーで行く必要があります。

 

まとめ 

長崎って独特の雰囲気と文化・歴史を感じられるうえ、食べ物が美味しすぎるという本当に素敵な街。何度訪れても再訪したくなります。

 

長崎県にはハウステンボス・平戸・雲仙など他にも魅力的な場所がたくさんありますが、絶対に市内観光は外せません。

耳栓は必要ですが「長崎市営松山町駐車場」は貴重な長崎市内の車中泊ポイントですよ。