イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

【2017】ふるさと納税で「モンベル ポイントバウチャー」を申し込んでみました。ジェットボイル・ヘリノックス・ユニフレーム商品も入手可能

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160512163101j:plain

2017/7/10重要な追記あり

2017年7月1日より「長野県 小谷村」「大阪府 千早赤阪村」のモンベルポイントバウチャーの返戻率は30%に低下しました。しかし「長野県 大町市」は返戻率50%を維持しています。早めの寄付を検討しましょう。

 

 

先日、記事にした「ふるさと納税でアウトドアアイテムがゲットできますよ」なんですが、人柱もかねてさっそくやってみました。

 

ちょっとおさらいすると、こんなものがゲットできます。

長野県駒ケ根市に、3万円~6万円の寄付をすると、SOTOの商品(ステンレスダッチオーブンなど) 還元率は30%程度

岡山県総社市に、20万円の寄付で、スノーピークのバーベキューセット 還元率は50%程度

大阪府千早赤阪村か、長野県小谷村に寄付すると モンベルポイントバウチャー 還元率50%

2017/6/7追記

2017/7/1付で返戻率を30%まで引き下げるそうです。

やっぱり国の方針には勝てなかったんですね。

 

ふるさと納税についても簡単にまとめてあるので、参考にしてくださいね。

私はモンベルのポイントバウチャーが、かなりグッときましたので、千早赤坂村か小谷村への寄付をしようと決めました。

小谷村(おたりむら)にした理由は、なんとなく長野が好きだから

 

目次

 

「モンベル ポイントバウチャー」を選択した理由

実は今年中に、嫁さんとトレッキングを始めたいと思ってまして、そのための初期投資が必要なんですよね。GW中にモンベルショップに出向いたのは、そのあたりの商品を物色に行っていたから。

 

そこまで本格的じゃないにしても、2人分のトレッキング用のザックとポール、嫁さんのトレッキングシューズとウェアは最低限必要です。

 

このテのものは、最初からそれなりの物を購入しとかないと「安物買いの銭失い」になりやすいので、モノが確かでショップも多く相談しやすい、モンベルでそろえたいなと思ってたんですね。

なのでGWの買い物の際に会員にもなっときました。

 

また、モンベルショップで取り扱っている商品には、他ブランドのものもたくさんあります。例えば、ヘリノックス・ジェットボイル・ユニフレームなど。

これらのブランドを入手したい場合もすごくいいですよね。

 

なかでも、ジェットボイルはほんとオススメのアイテム

ヘリノックスチェアの座り心地は抜群ですよ

 

ふるさと納税サイトの選択

ふるさと納税をする場合、いくつかのサイトがあります。

さっとググってみても、トップに「ふるさとチョイス」「さとふる」「楽天」が出てきます。

 

たぶん、使い勝手に大きな差はないんじゃないかなと思いますが、楽天を頻繁に利用している方なら、ポイント還元があるので「楽天」がお得でしょうか。

100円で1ポイントですから1%の還元が別にあります。

 

私はAmazon派のため、無難に一番上に出てきた「ふるさとチョイス」を選択。

 

ふるさとチョイスの会員登録

寄付の申込をしようとすると、最初に会員登録してくださいと出てきます。


会員登録をしなくても納税は可能なので、別にいいかなと思いましたが

「寄付の都度、住所入力しなくて済みます」

「納税額の管理ができます」

とのことでしたので、一応登録しておきました。

 

手順は簡単で、メールアドレスを入力すると、URL付きの返信メールが届くので、そちらから必要事項を入力するだけ。


入力内容も「氏名・生年月日・住所・電話番号」程度なので、ふるさと納税を今後も継続するなら、登録しておいた方がいいと思います。

 

納税可能額のシュミレーション

ふるさとチョイスの場合、サイトの上部に「還付と控除の目安は?」という項目がありますので、こちらをクリック!

 

簡単に言えば、2000円負担でいくらまで寄付できますか?を計算してくれます。

年末調整みたいで、めんどくさいかもしれませんが、実際に必要なのは源泉徴収票と、住宅ローン減税を受けている方なら昨年の控除額くらいです。

 

ただおよその目安になる表が出ていますので、限度額ギリギリまで寄付するのでなければ、自己責任で一覧表を頼りにやっちゃってもいいかもしれませんね。

 

寄付先の選定

寄付先というか、何が欲しいかですよねw

ここが一番の悩みどころだと思います。

 

実際、昨年末にこれで一日潰した上に、結局決めれなかったという経験が… さいわい、今回は「小谷村でモンベルポイントバウチャー」と決めてましたので、この悩ましい選択はスルーできました。


いきなり検索で「小谷村 モンベル」で入れてみます。

(実はお肉を見て少しだけ悩んだんですけどね…)

 

すると「モンベルポイントバウチャー」が金額別に出てきますので、自分が寄付する金額を決定して選択するだけです。

 

今回、私は清水の舞台から飛び降りる気持ちで、10万円を寄付することにしました。

(モンベル ポイントバウチャー50000P)

 

支払い方法の決定(カードがおすすめです)

f:id:ayuman18:20160512174740j:plain

寄付の内容を決定すると、支払い方法の選択が出てきます。

「納付書郵送後に金融機関にて支払う方法」と「カード支払い」が選択できます。

ここはカードを持ってるなら、迷わずカード払いを選択しましょう!

 

理由は

①手続きが簡単
②ポイントがつく

 

カード払いは本当に簡単。

カード番号・有効年月・セキュリティコードを打てば終了します。わざわざ支払いに出向く必要もありませんしね。

 

また、ポイントがつくのは大きいですよね。

ポイントの還元率はお持ちのカードによって違うと思いますが、私の場合は還元率2%のカードを使っていたので、10万円の寄付で2000ポイントがつきました。

 

こうなると、実質負担は0円。

気持ちの問題としても、ちょっとうれしいですよ。

 

また楽天カードをお持ちなら、楽天の納税サイト「さとふる」と合わせて使えば、さらに高い還元率が可能。これはかなりお得かもしれません。

 

これで完了。

想像以上に簡単でした。

 

あとは、メールにて決済完了のお知らせが届き、お礼の品が届くのを待ちます。

返礼品の到着までは、およそ1か月ほどかかるみたいですね。

 

ちなみにモンベルの会員登録が済んでいない場合、まず会員登録が必要になります。でも手続きはこちらも簡単ですよ。

 

実際に手続きしてみました。これで終わり?ってくらい簡単。

 

まとめ:アウトドア好きならふるさと納税は「モンベルポイントバウチャー」が一番!

f:id:ayuman18:20160512165213j:plain

「はじめてのおつかい」ならぬ「はじめてのふるさと納税」やってみました。

手続きは本当に簡単で、サイトへの会員登録から始めても、決済完了までに必要な時間は15分程度です。

 

一番時間がかかるのは、寄付先の選定ですねw

それが一番の楽しみなんですから仕方がありません。極論、チョイスするだけでも一日中楽しめると思います。

 

私は最初から「モンベル ポイントバウチャー」と決めていましたので、チョイスの楽しみはありませんでした。でも個人的にかなりお得感のある返礼品でしたから、かなり高い納得感を得られました。

 

お礼の品が届くのが超楽しみ!

それまでの間は、今回はできなかった「お礼の品をチョイスする楽しみ」の代わりに、モンベルの商品を隅々までチェックしておきますよ。

 

<重要>2017/7/10追記 長野県 大町市はいまだ50%の返戻率をキープ

小谷村・千早赤阪村ではモンベルポイントバウチャーの返戻率が30%に下がってしまいましたが、「長野県 大町市」では50%の返戻率のままです。

返戻率そのものは、各自治体の判断に任せるべき話なので問題はありませんが、一企業(モンベル)が協力しているものですから、この状態が長く続くとは思えません。

早めに「長野県 大町市」に、ふるさと納税をオススメします!

 

2017/2/16追記:2017年も小谷村へふるさと納税

高市総務大臣がちょっと怖いので、早めの寄付を実行しました。

2017/4/1追記:総務省から通達が。各自治体にも動きがあります

2017/6/7追記

本当に残念。ついに返戻率が30%に引き下げられることになりました。

 

2016年にモンベルポイントバウチャーでゲットしたもの

モンベルのシュラフも購入。暖かいです。

2017年にモンベルポイントバウチャーでゲットしたもの