読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

ナスネ(nasne)は最強のレコーダー&チューナー!無料Wi-Fiも活用して旅のお供に(キャンピングカーのテレビ事情③)

f:id:ayuman18:20160817205150j:plain

やっぱり、キャンカーにテレビがあるっていいですね。

信州キャラバンに出かけていた時は、オリンピック期間中。やっぱり結果が気になります。ライブで見れるなら見たいし、朝起きてニュースを見るのが楽しみですからね。

 

キャブコンに乗り換えて、テレビ視聴の環境が恵まれたとはいえ、今回の信州キャラバンでも、やっぱりnasne(ナスネ)は大活躍でした。

 

ナスネ(nasne)とは?

以前の記事に上げてますが、

ナスネは、簡単にいうとデータ通信に対応したHDDレコーダー&チューナーです。

ただ大きく違うのは、それを見るためのデバイスが、スマホやタブレットといったモバイル端末で、基本的な使い方はそのデバイスに録画番組を転送し、外出先で見る事ができます。

 

さらにデータ通信を利用し、外出先でも

  • リアルタイムでテレビが見れる
  • 録画番組を見れる
  • 録画予約ができる 

つまり、録画済みの番組も、リアルタイムのテレビも、スマホやタブレットを使い、外出先で見ることが可能なんです。

バーデン(バンコン)の時には

  • 自分の行く場所で映らなそう
  • 設置場所がイマイチすぎる
  • リアルタイムでテレビを見る習慣がなかった

以上の理由で、テレビを設置せず、もっぱらナスネを利用していました。 

これにamazonプライムやhuluを合わせて使い、どこにいても好みの番組が見れる体制に。

 

ただし、リアルタイム視聴は、やはりデータ通信量が気になります。

私のモバイル通信「WiMAX」は、ローカル地区のフォローがあまり進んでいないため、リアルタイム視聴は行く場所次第でした。

 

オリンピックを見たくて、白馬でナスネを使ってテレビを見る

f:id:ayuman18:20160822205045j:plain

今回の信州キャラバンで感心したのは、テレビの視聴範囲が想像以上に広く、だいたいの場所で見れたこと。

意外とカバーされてるなと思ったら、3日目の車中泊先「道の駅:ぽかぽかランド美麻」では全くの視聴不可。当然、WiMAX2もエリア外です。

 

うーん、これは車中泊先のチョイスを失敗。

オリンピック期間なんだから、その辺も考えるべきでしたが、今さらそれだけのために移動する気にもなりません。

 

やむなくiPhoneのテザリングを使い、ナスネでリアルタイムでオリンピックを視聴することに。

 

さすがナスネ!白馬の山奥で、テレビの電波やモバイル通信の範囲から外れているのに、ごく普通にテレビを見る事ができます。さらに自宅を経由していますので、チャンネルは京都。白馬近辺のチャンネル数より、多くの番組を見れるんですよ。

 

結局、その日はiPadで2時間ほどTVを見て、気になるデータ通信料は、1.1Gほど。

 

うーむ…やはり携帯のテザリングで使うには若干無理がありますね。

頻繁に使えば、あっという間にデータ量オーバーになり、本来の使い方に支障が出るでしょう。

 

あくまでもテザリングでの視聴は非常用にしておくべきですね。 

例えば、

  • いつも見ている番組が、旅先のチャンネルでやっていない
  • リアルタイムで見たいのに、電波が届くのが携帯のテザリングのみ

こんな場合に、短時間なら十分活用できそう。

今回のように、山奥でオリンピックが見たいとか、毎日の朝ドラだけは欠かせないとか、何か大きな災害が発生した時などに、スポット的な活用がベストだと思います。

 

道の駅やキャンプ場の無料Wi-Fiスポットを活用

f:id:ayuman18:20160822205528p:plain

気になるデータ通信ですが、実は無料のWi-Fiスポットって意外とあるんです。

キャンピングカーで使えるところ!となると…なんと道の駅でも意外と多くの無料Wi-Fiスポットがあります。また、電波が届きそうにないキャンプ場でも、地元の無料Wi-Fiを登録してたりします。

先週、おじゃましていた、和歌山龍神地区の「宮代オートキャンプ場」でも田辺市の無料Wi-Fiスポットでした(全然繋がりませんでしたけど…)

 

無料ですからあんまり贅沢は言えませんけど、電波の受信状況には格差があります。でも、しっかり受信できるスポットなら、通信量を気にせずに、ナスネで一日中リアルタイムでテレビを見たり、amazonプライムでビデオを見ることも可能なんですよ。

 

ただ、そうは言っても無料ですから、スポット内の受信範囲が狭かったり、建物の内部のみとか、色んなパターンがありますので、その辺は情報をしっかり収集するか、あくまでも使えたらラッキー程度に考えておくべきですね。

 

外出先で録画やテレビを見るのに必用なもの(本体・デバイス・アプリ・データ通信手段)

外出先で録画番組やテレビを見るためには

  • ナスネ本体
  • 視聴するためのデバイス(スマホ・タブレット)
  • 視聴するためのアプリ(Video&TV Side View・torune mobile)
  • テレビのリアルタイム視聴をするならモバイル通信手段(テザリング含む)

スマホ・タブレットは多くの方が持っているでしょう。ただ2人以上で見るならタブレットの方がずっといいですね。

 

問題はモバイルデータ通信。

私の場合、仕事がら必須のものなので。常に持ち歩いていますが、必要ない人には全く無用ですから。

 

アプリは代表的なものが二つあり、どちらも使い勝手は悪くありません。

使い勝手そのものはtorune mobileの方がいいんですが、こちらは録画転送の持ち出しが不可。それじゃ車中泊時には、トルネの能力の半分も活かせません。

個人的には、VIdeo&TV Side Viewをおすすめします。

 

くるま旅だけじゃなく、普段の使い勝手が抜群

私は週に2~3日、出張で東京のホテル住まいをしてるんですが、夜に会食等がなければ、ひまなんですよね。


こういう時、ナスネがとても便利。

とりだめた録画を持ち出したり、ホテルの無料Wi-Fiを使い、ホテル内で好きな番組を見ています。同様に新幹線の移動中も無料Wi-Fiがありますので、テレビや録画を見たりしてかなり便利に使えますよ。

なんせ現役世代にいちばん足りないものは時間。場所を問わずに、時間を有効活用できるレコーダーって本当に使えるなと。

 

自宅でも、自分しか見ない番組(アニメとかアニメとか…アニメ)は、こちら落とし、同じ部屋の中で別の番組を見ています。

 

キャンピングカーでの使用は、ナスネのほんの一部。私の場合、その他の場所で有効に活用していることが多いんです。

 

まとめ 

f:id:ayuman18:20160822211743j:plain

データ通信手段さえ確保すれば、どこでもリアルタイムでテレビが見れるナスネ。この点に価値を置く人にとっては、ある意味で最強のテレビチューナーでしょう。だって、どこでもテレビが見れるんですから。

 

そして私にとっては、最も使い勝手がいい最強レコーダー。

その理由は

  • 録画番組をどこでも見れる(スマホ・タブレットで、出先・旅先で見れる)
  • 転送済み番組であればデータ通信が不要

他のレコーダーはあくまでも自宅で見る事が基本です。これではキャンピングカーや旅先・出張先では使えません。

私は、好きな番組以外あまり興味がないので、リアルタイムでなくてもそちらを見るタイプ。そのためどこでも見れるナスネは、本当に使い勝手がよすぎ!

 

PS3の派生商品として誕生した経緯から、あんまり世間には浸透していませんが、忙しい現役世代に、本当にマッチしたレコーダー&チューナーって、これ(ナスネ)だと思うんですよね。

 

どうしてもテレビの大画面で見たい!という人にはおすすめしませんが、 自分の使い勝手に合わせられる、最強自在なレコーダーだと思いますよ。