イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

「和おんの湯」で車中泊すれば、金沢中心部で遊びやすいですよ

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20161106224439j:plain

2016/5/4 北陸・飛騨キャラバン②
 
道の駅氷見港番屋で朝を迎えました。夕方からの暴風には、ほんと参りましたが、今日も朝から全く風が止む気配がないどころか強くなってます。
 
天気は良さそうなんですが、海沿いを散策する気にならない暴風です。
それなら山の方に行くかと、白川郷へ向かうことに。
 
目次

暴風に心折られて…三井アウトレットパーク小矢部へ

一般道を走っていてもものすごい風。こりゃ経験がないなあなんて、言いながら高速へ乗ると…もう無理!という暴風です。
特に高岡のあたりは開けた平野なので、高速道路の上はアトラクションみたいに。
 
こりゃ高速道路は無理と、完全に心折られました。
 
こういう時はインドアや!と、三井アウトレットパーク小矢部に急遽予定変更。

f:id:ayuman18:20160506075852j:plain

f:id:ayuman18:20160506075939j:image
ここは、全てのショップが屋内なんですね。北陸の気候に合わせているのかな?
暴風の時にはとても助かります。
そういえば、すぐに見える山に風力発電?の大きな風車がありますので、普段から強風の吹きやすい土地柄なのかも。

f:id:ayuman18:20160506194934j:plain

ただ、全ショップが中にあると、イオンモールと差がない気が(笑)あとショップ面積が少し小さめに感じました。
 
それにしても、まさか北陸まで来てアウトレットパークとは…
まあモンベルでいくつか買い物もできたので良しとします。
 

金沢 和おんの湯へ

アウトレットパークならではのフードコートの混雑。昼メシをここで食べるのは速攻あきらめました。
 
外で遊ぶ気にもなれないし、じゃあ夜は金沢で美味しいものでも食べようかと予定変更。このフレキシブルなところがキャピングカーのいいところ。
 
まずは、昼ごはんにゴーゴーカレーを。

f:id:ayuman18:20160506095400j:image
金沢カレー。住んでた時から大好きでしたが、今じゃすっかり有名なB級グルメに。
ルーが黒くてドロドロなのと、ステンレスの皿にキャベツと一緒に盛られてくるのが特徴。なにより安くて美味しい。
 
すっかり満足した後は「和おんの湯」へ。

 

和おんの湯は金沢市内で遊ぶにはベストな車中泊先

和おんの湯はRVパークに認定されてる車中泊公認場所。
一泊1800円で車中泊が可能なスーパー銭湯(くるま旅くらぶの会員ならば1500円)
電源も500円で利用できます。
 
「和おんの湯」の便利な点は、金沢の中心部までタクシーで出れること。
やっぱり金沢に来たなら、美味しいお店で食事したいですよね。そんなお店が集中してる片町まではタクシーで1500円程度。
 
和おんの湯には駐車場の一画に、タクシー会社直通電話付きの待合コーナーがあって便利なんですよ。
 
ただし難点もあって、0時から5時までは施設が閉ま流のでトイレが利用できません。トイレがある車向きですね。
 
氷見の総湯は全然ゆっくりできませんでしたので、のんびりと入浴。
そのあと休憩コーナーで漫画を読んでたら、2時間くらい寝てました(笑)引きこもるには最強ですよ。
 
その後も何度も利用させてもらってます。

 

金沢でフレンチを

金沢の夜は何を食べようか…と悩んだ結果、ずっと行きたいと思っていたフレンチのグリエジョーへ。

f:id:ayuman18:20160506192255j:plain

f:id:ayuman18:20160506192847j:plain

f:id:ayuman18:20160506193001j:plain

金沢に来るとどうしても魚になりますからね。行きたくても中々行けなかった気軽なフレンチ。雰囲気も良く、料理も美味しく大満足でした。
 
本当は6日に予定していた金沢。
暴風で完全に予定を狂わされましたが、前倒しで楽しむことができました。
 
急な予定変更にもフレキシブルに対応できる、キャンピングカーの底力を感じましたし、夜の街でフレンチを食べて寝るのは車。
 
そんなアンバランスな旅の楽しみ方もできる。キャンピングカーって素晴らしい相棒だなと改めて感じた日でした。

 

翌日は白川郷へ!

なぎさドライブウェイにも足を運んでもらいたい