イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

キャンピングカー売却時のオプション評価を聞いてみた

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20160704214953j:plain

バーデンを売却した時に聞いた、キャンピングカー買取(売却時)の裏話②。

無理して高い金額を払ったオプションの評価ってどうなんだろう?と思ったんで聞いてみました。

ちなみに正確性は保証できません。あくまでも参考程度にとらえてくださいね。

 

査定で一番評価の高いオプションは4WD

f:id:ayuman18:20160704215048j:plain

キャンピングカーのオプションで一番高く査定してくれるものはなに?と質問してみたんです。無理して高額な費用を払ってるだけに気になりますからねw

 

その答えは

バンコン・キャブコン共通で「4WD」とのことでした。

次いでディーゼルエンジン。

お、カムロードだと「4WD」はディーゼルしか設定されていませんので、自ずとワンセットになりますね。


買取価格が高い理由は単純で需要と供給によるものでした。

  • 北国で売れる
  • 絶対条件としている層がいる
  • 登録数が少ない

確かに2WDではダメという層は一定数以上いるのに、登録台数はそれほど多くなさそうです。

 

4WDの必要性 

f:id:ayuman18:20160704220751j:plain

北国の人なら4WDが不要という人は少ないでしょう。

4WDじゃなくても雪道は走れるぞ!なんて言う人もいますが、安全性のマージンはずいぶん差があります。重たいキャンピングカーですから、頻繁に雪道を走るなら4WDを選択するのが間違いなく無難。


また雪国の人でなくとも4WDが絶対条件という層が確実にいます。

例えば私の場合、河原で釣りをするため4WD以外の選択肢はありえないんですよね。四駆でなければ、速攻でスタックしちゃいます。

またスノーアクティビティが趣味の人も、できれば4WDを希望するはず。

 

4WDは後付けできないだけに、購入時のマスト条件になってしまいます。ニーズに対して登録台数は足りなさそうですから、買取価格も上がるんでしょうね。

 

ディーゼルエンジン

重たいキャンピングカーには、ディーゼルエンジンが適しているのは間違いないところ。ガソリン車の静粛性は確かに魅力ですが、運転時のストレスは少ない方がいいでしょう。


カムロードの場合2WDガソリン車に比べて、

  • ディーゼルで「55万円アップ」
  • 4WDで「30万のアップ」

かなり価格が上昇するため、躊躇してしまいますよね。

とはいえ売却時の価格が相応に上がるならば、ディーゼルの燃費の良さや燃料代の安さ、さらにトルフクフルな走りを考えればディーゼルがオススメですね。

 


他に査定が高いものは?

他にはないの?と聞いたら「バンコンのFFヒーター」も査定は良好だそうです。

キャブコンの場合は「FFヒーターがないとマイナス」対してバンコンは、意外とFFヒーター未装着のキャンカーも多いらしく、高い評価になるとの事。

 

実際に査定に来られた時も、FFヒーターは作動するかを念入りにチェックしてました。

 

 

他のオプションの評価は?

f:id:ayuman18:20160704220612j:plain

その他のオプションはどうなのよ?と確認すると

なんと「あまり評価してない」とのこと。

 

カーナビのように装着されているのが当たり前のアイテムは、未装着はマイナス評価となるらしく、タイヤ・シートなどは、オークションなどでバラ売りする方が「全然お得ですよ」とのこと。

もっともらしい顔してチェックしてましたが、査定にはほとんど関係ないようですねw

 

 

まとめ

f:id:ayuman18:20160704220641j:plain

細かくオプションごとに査定してると思ってましたが、意外にそんなことはないみたい。プラス評価というより、未装着のものをマイナス評価してくイメージですね。 

 

話して感じたのは、キャンピングカーのオプション以上に、4WDやディーゼルエンジンといった、くるま本来の機能を高く査定するようです。

 

キャンピングカーといえど、車であることには変わりなし。新車を購入する時は、このあたりも考慮する必要がありそうですね。