読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

キャンピングカー買取の裏話②オプションの評価は?

f:id:ayuman18:20160704214953j:plain

バーデンを売却した時に聞いた、キャンピングカー買取の裏話の第二弾です。オプション関連の評価ってどうなんだろう?とおもったので聞いてみましたよ。

担当者に聞いたことですけど、正確性は保証できませんから、自己判断でお願いしますね。

 

一番評価の高いオプションは?

f:id:ayuman18:20160704215048j:plain

これ気になったんですよ。
キャンピングカーってオプションが色々ついてるじゃないですか。それのうちどれが一番価値が高いんだろう?という疑問から質問してみたんです。

答えは、

バンコン・キャブコン共通で4WDだそうです。

そしてキャブコンの場合、ディーゼル仕様。

カムロードの場合、4WDとディーゼルはワンセットになりますね。


理由は単純で、これも需要と供給の話。

・北国で売れる
・絶対条件としている層がいる
・登録数が少ない

 

4WDの必要性 

f:id:ayuman18:20160704220751j:plain

北国の人で4WDが不要という人は、正直少ないと思います。
よく、4WDじゃなくても走れるということを言う人はいますけど、それはちょっと別次元の話かなと。

キャンピングカーのベース車はFRなので、頻繁に雪道を走るのはちょっと怖いと思います。雪国がメインの方は、無難に4WDを選択するのではないでしょうか。


それ以外にも、わたしのように4WDが絶対条件の層がいます。

わたしの場合は、釣りやアウトドアが主な理由ですが、4WD以外では河原には入れません。当然、入れるポイントが減ってしまうということで、楽しみが半減してしまうんですよね。

スキーに行かなくなって、FF車に乗った時期があったんですが、釣りを始めてすぐに河原でスタックしてしまい、それ以降はずっと4WDにしています。

 

スノボやスキーがメインの遊びの人も同様じゃないでしょうか。
たとえば志賀高原の下り坂を、FRのキャンピングカーで降りる事を想像するだけでかなり怖いですw

 
私のような使い方だと、後づけ不能な以上、4WDだけは妥協できません。どんなに他の条件が良くても対象外になってしまいます。

こういう絶対的な層に対して、くるま旅がメインの方はそこまで必要じゃないため、登録数がやっぱり少ないようですね。

 

ディーゼルエンジン

一般論では、重たいキャンピングカーに、トルクフルなディーゼルエンジンが適しているのは間違いないところ。ガソリン車の静粛性は確かに魅力ですが、やはり運転時のストレスは少ない方がいいでしょう。


とはいえ、カムロードの場合、ディーゼルにすると55万円のアップ、そこから4WDにすると30万のアップですから、ガソリン車に比べるとかなり価格がアップしますので、躊躇してしまいますよね。

人それぞれ使い方も違いますので、そこまでのメリットがあるか?と考えれば、登録数が少なくなるのも理解できます。 

ただ、よく軽油とガソリンの金額を比較して、元が取れるのに何年・何キロで計算しているケースを見ますが、キャンピングカーの場合、売却金額に大きな違いがあるようなので、ガソリンとの差額以外にも考慮した方が良さそうですよ。


他に高いものは?

バンコンのFFヒーター

キャブコンの場合、ほぼすべての車種にFFヒーターが搭載されていますので、無いという事は大きなマイナスになるようです。バンコンの場合、意外とつけてない車もあって、ついていれば高い評価になるとの事。査定の時も、FFヒーターだけはチェックしてました。

個人的にはFFヒーターがついてない車は、車中泊車の域を出ていないと思うので納得ですね。

 

他のオプションは?

f:id:ayuman18:20160704220612j:plain

実はあまり評価してないとのことでした。
ナビなど、車自体についていて然るべきものは、ついていなければマイナス評価はすれど、上乗せにはならないとのこと。


なのでタイヤやシートなどは、バラ売りする方が絶対お得ですとのこと。

バラ売りして、オークションで売れる金額以上の評価は絶対にないそうですから、売却の時は検討すべきですね。

 

面倒でもノーマルは保管しておくべきですね。実体験として、私はハイエースのノーマルシートを処分してしまったため、売却も載せ替えもできませんでした。

 

まとめ

f:id:ayuman18:20160704220641j:plain

割とこまかくオプションって見てるのかな?と思ってましたが、どうやらそんなことはないようです。どちらかといえば、パッケージ的に、ついてないものをマイナス評価するイメージですね。 

 

何よりも4WDやディーゼルエンジンなどのように、くるま本来の機能の方が重要なようです。確かにオプションに関しては、たとえ中古車であっても、後からつけることも可能なことを考えれば、もともとの仕様の方が重要なことは理解できます。

 

やっぱりキャンピングカーといえど、車であることには変わりなし。新車を購入する時に、このあたりも考慮する必要がありそうですね。 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ