読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

島ケ原温泉やぶっちゃオートキャンプ場のメリット・デメリット・サイト比較とおすすめ時期

f:id:ayuman18:20161213164321j:image

2016/12/10~11

島ケ原温泉やぶっちゃのオートキャンプ場で冬キャンプを楽しんできました。

キャンプ場の施設などを紹介しますね。

目次

 

「やぶっちゃ」へのアクセス

  • 西名阪大内ICから15分。
  • もしくは木津方面から40分程度。

それ以外の道を選ぶと結構な山越えになります。

ナビに惑わされずにできるだけ大きな道を行きましょう。

 

やぶっちゃキャンプ場の利用料金とチェックイン・アウト

受付は島ヶ原温泉で行います。

  • Aサイト 利用料金5250円 衛生管理費一人110円
  • Bサイト 利用料金4500円
  • どちらも電源使用料は1080円

人気のAサイトを家族4人で電源利用した場合は一泊「6770円」と高額の料金設定。

三重のキャンプ場って総じて価格が高めですよね。

 

チェックインは14:00

チェックアウトは11:00

一泊二日のキャンプだと、ちょっと落ち着きのないチェックイン時間です。

 

買い物

どこから来るかによりますが、伊賀上野を抜けるならイオン伊賀上野店。伊賀上野市街にはそれなりにお店も多く、食材の調達はコマらなさそう。

 

笠置方面や信楽から山道を越えてくるなら、食材は地元では購入してきた方が無難ですね。笠置まで来ると本当に何もありません。

 

入浴はメイン施設の島ヶ原温泉で

f:id:ayuman18:20161213164530j:image

入浴は同じ敷地内にある島ケ原温泉へ。

やぶっちゃを利用する一番のメリットは温泉が併設されていること。やっぱりテント設営後に車で移動するのは面倒ですからね。

 

キャンプ場利用者の場合、料金が100円引きされて大人は700円。券売機にキャンプ場利用者のボタンがありますので、そちらを選択してください。

 

温泉はそれほど広くはありませんが、気持ちの良い湯です。

春先に利用した時は大混雑でしたが、今回はガラガラでゆっくり温まることができました。キャンプ場の混雑度にかなり左右されるんでしょうね。

 

やぶっちゃキャンプ場:Aサイトは関西屈指の高規格サイト

f:id:ayuman18:20161213164607j:image

関西では代表的な高規格キャンプ場で、オンシーズンの週末は大人気。利用希望の場合は早目の予約が必要です。

今回もAサイトは満員、Bサイトは私たち含めて二組という状況でした。


やぶっちゃのAサイトは「電源・流し台・野外炉・トイレ」が個別に設置されていて、周囲の人に気兼ねなく利用できるのがいいところ。

また、サイトもかなり広めでゆったりと設営できると思います。

f:id:ayuman18:20161213164641j:image

ただし、トイレは水洗ですが和式。

最近は和式が使えない子も多く、ちょっと不安かもしれません。

 

すごく残念なのは、ほぼ全てのサイトが駐車場の目の前に設備があるため、キャンピングカーでは利用できないこと。このサイトではサイドオーニングを広げることができません。

f:id:ayuman18:20161213164800j:image

 

景観的には目の前を木津川が流れ、対岸にOKオートキャンプ場が見えるロケーションで、それなりに開放感はあります。

f:id:ayuman18:20161213164708j:image

プールに近いサイトは真夏の日中はかなり賑やかそう。

ゆっくり昼寝をしたければ奥の方に行く方が無難ですね。夏場に利用したことはありませんが、子供たちを遊ばせるために来る家族が多いでしょう。

 

やぶっちゃキャンプ場Bサイト

やぶっちゃのBサイトは、いたって普通のキャンプ場。

サイトの広さは普通〜少し小さ目な感じで、多少のばらつきがありますが、だいたいの幕は十分張れると思います。

f:id:ayuman18:20161213165025j:image


Bサイトも施設はきれいに管理されていて、トイレも炊事場も問題なし。ただしトイレは和式で、多目的のみ洋式なのが少し残念。

f:id:ayuman18:20161213165050j:image

 

デイキャンプの場所に近くなるとサイトが橋の真下。さすがにこれは気になるんじゃないでしょうか。いい日よけになりそうですけどもw f:id:ayuman18:20161213165111j:image

f:id:ayuman18:20161213165126j:image

以前は電源設備がなかったようですが、今は4つのサイトに設置されてます。

 

アクティビティ

目の前を木津川が流れていますが遊泳禁止。

そもそも川自体が綺麗じゃないし、このあたりは水深もあって流れが速そう。かなり危険な場所だと思うので、水遊びは絶対に避けるべきですね。

f:id:ayuman18:20161213165159j:image

 

Aサイトには小さな子供さん向けのプールがあり、7・8月にオープンします。

やぶっちゃの利用者以外も使えるので、夏場はまさに大にぎわい。小さなお子さんがいるファミリーの一番の目的でしょう。

f:id:ayuman18:20161213165226j:image

 

他にもテニスコート2面とパターゴルフ場、そして広場があります。広場はわりと広めですが、遊具が二種類しかないのが少し残念ですね。

f:id:ayuman18:20161213165305j:image

 

やぶっちゃキャンプ場のメリット

島ヶ原温泉とワンセット

何と言っても温泉が併設され徒歩で行けるのが嬉しい。

オンシーズンはかなり混雑するので、ゆったりできるとは言えませんが、オフシーズンはのんびりと温泉を楽しめます。

 

ただサイトからは意外と距離があって、AB両サイトともけっこう登る必要がありますよ。

 

夏場はプールで楽しく遊べる

それほど大きなプールではありませんが、小学校低学年くらいまでのお子さんなら思い切り楽しめそうです。

 

プール・キャンプ・温泉のセット。

お子さんにとっては、夏休みのいい思い出になるでしょう。

 

関西屈指の高規格。Aサイトは他のサイトに気を使わず済む

夏場のキャンプは、お子さんが他に迷惑をかけないか少しハラハラするもの。

 

やぶっちゃキャンプ場のAサイトは、トイレや洗い場などの必要設備が全てサイト内にある上、垣根で囲われたしっかり区画されています。


そのため子供さんが他のサイトを横切ったり、されたりすることもなく、安心して利用できそうです。

 

やぶっちゃキャンプ場のデメリット

サイト内のトイレが「和式」子供さんに厳しいかも

せっかくサイト内に施設があるんですが、一番大切なトイレが和式なんですよね。歴史のあるキャンプ場だから仕方ないかもしれませんが、最近のお子さんにはちょっと厳しいかもしれませんね。

 

なるべく早いリニューアルを期待したいです。

 

電車の音がかなりうるさい

特にAサイトは線路に近く、電車が通るたびにかなりの騒音。

ローカル線ですが、それなりに通りますので気になるかもしれません。

 

大人だけで利用するとコスパが悪く感じる

大人だけで利用すると、温泉が併設されてる以外のメリットがあんまり感じられません。

 

高規格とはいえ施設や設計も古いし、特に景観が良いわけでもないし、自然を感じられるわけじゃありません。Bサイトも悪くはありませんが、コスパを考えると割高感を感じちゃう。

 

当日はBサイトを利用してみました

当日の予約だったので既にAサイトは満員でBサイトを利用。

電話すると「Bサイトしか空いてないんです…」と、なんだか申し訳なさそうな返事。
人気が断然違うんでしょうね。

 

何の文句もなく予約・利用しましたが、いたって普通のキャンプ場で、料金を除けばおおむね満足。利用者も二組だけで静かにのんびり過ごせました。

 

大人だけで利用するなら、AサイトよりもBサイトの電源付がおすすめです。

 

やぶっちゃAサイト・Bサイト・OKオートキャンプ場でおすすめ順は?

f:id:ayuman18:20161213222319j:plain

(写真はOKオートキャンプ場)

 

Aサイト・Bサイトは場所も離れているし、色合いの違うキャンプサイト。さらに対岸にはOKオートキャンプ場もあります。

同じ場所に行くならと、あえて主観でオススメ順位をつけてみました。

 

大人だけで行くなら

OKオートキャンプ場→Bサイト→Aサイト

 

真夏にお子さん連れのファミリーで行くなら

Aサイト→Bサイト→OKオートキャンプ場

 

真夏以外にお子さん連れのファミリーで行くなら

OKキャンプ場→Aサイト→Bサイト

 

ファミリーには、やはり「やぶっちゃのプール」は魅力的。

でもそれ以外の季節なら、サイトの作りや開放感・施設の清潔さは「OKオートキャンプ場」の方がずっと上。キャンプ場自体も広く開放感があって、キャンプしてるなという気分になれます。

 

またせっかくAサイトに泊まっても、和式トイレがお子さんの負担になるかもしれません。OKオートキャンプ場のトイレは今まで行ったキャンプ場で一番きれいなトイレでしたよ。

 

 

オフシーズンに大人だけで楽しむなら、やぶっちゃから30分ほどの「笠置キャンプ場」の方が、コスパの面からオススメかも。 

 

まとめ:やぶっちゃキャンプ場は夏場のファミリーキャンプに最適

f:id:ayuman18:20161213165428j:image

やぶっちゃを利用して一番満足度が高いのは、真夏のプールが利用できる期間にファミリーで行くことでしょう。

他の季節や、大人だけなら他のキャンプ場の方が満足度は高いかも。

 

真夏の週末は予約も困難な人気キャンプ場。

できるだけ早めに予約することをおすすめします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

 

キャンプで使ったギアたち