イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

コルドリーブスに乗って1年が経ちました

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20170727003002j:plain

早いものですねー。

先日、コルドリーブスが納車されてから一年が経過しました。

目次

 

コルドリーブスに1年乗ってみた評価

f:id:ayuman18:20170727002902j:plain

以前、納車半年のタイミングでリアルに感じた点をまとめて記事にしました。 

 

それから半年が経過しましたが、いい点・イマイチな点それぞれ評価は大きく変わりません。でもチマチマ行ってきた快適化と慣れで、キャンピングカーとしての使い勝手はどんどん良くなってきました。

キャンカーって乗れば乗るほど相棒度が増すなぁと実感してます。

 

コルドリーブスを選んだポイント「リアエントランス」「FRP土間」「左右跳ね上げ式分割ベッド」の3点に関しては、ほんと期待以上の使い勝手。 やはり特徴のある車は、使い方にマッチすると高い利便性をもたらしてくれますね。

 

コルドリーブスでいちばん不満な点

いちばん不満に思うのは夏場の電力不足。

先日猛暑の日中にエアコンをつけた時は一気に消費電力80Aオーバーの数値を叩き出して「おいおい大丈夫か?」ってなりました。やっぱり室外機周りの作りは新しいジルシリーズと比べて完全に一世代前ですね。この点はZIL5が羨ましいなぁ。

 

とはいえエアコンが搭載されているのは大きなアドバンテージ。贅沢ばかり言わず、知恵と工夫で乗り越えるなくちゃ。

ちなみにこういうのは嫌じゃありませんw

 

バンテックの対応は?

f:id:ayuman18:20170727002806j:plain

人によって色々と意見はあると思いますが、私自身はバンテックの対応に満足しています。基本的にトラブルや要望にしっかり対応してくれる大人の会社という評価。

 

ただ最近は保守的になってるのが気になりますね。

もともと販売店と比べて快適化のオプションが少なかったんですが、ここにきてさらに「自己責任」という言葉が前面に出てるように思います。結果として今まではできた快適化もバンテックでは引き受けられないこともあるようです。

どうやら販売会社へ供給するメーカーとしての立場を重く見てるようで、このご時世を考えればやむを得ないかもしれません。

 

今後リアエントランスしか乗らないかも

f:id:ayuman18:20170727003134j:plain

購入する時、後部二段ベッドモデルかリアエントランスモデルにするか、三食しか食べられないほど悩んだわけですが、今は本当にリアエントランスを選択して良かったと思ってます。

  • 車内の開放感と明るさが抜群
  • 大人四人でも楽に食事が取れる広々ダイネット
  • 過ごす場所とそれ以外が明確に分かれてるため物や動線がスッキリ
  • 仕切りがないため、空調の調節がしやすい
  • くつろいでる時にドアから覗き込まれない

やっぱりダイネットの快適さが、リアエントランスの一番の強み。グータラな私たちにはピッタリで、遠慮なくゴロゴロ過ごせる環境は他に変えがたい魅力なんです。おかげさまで旅に出ても昼寝ばかりしてるのが目下の悩み…。

 

この快適さからは離れがたく、今後もし乗り換えることがあっても、きっとリアエントランスを選択する気がします。

とはいえカムロード&コルドリーブスがフルモデルチェンジでもしない限り、乗り換えは考えないでしょうね。それくらいコルドリーブスがお気に入り。 

 

納車1年で思うこと「足るを知る」

f:id:ayuman18:20170727000940j:plain

コルドリーブスが納車されてからの一年、いろんな場所へ出かけてキャンカーならではの思い出をたくさん作ることができました。

そんなコルドリーブスも自宅と比べれば不便な部分はたくさんあって、我慢が必要なことも少なくありません。

 

バンコンからキャブコンに乗り換えて、快適度は比較にならないほど高まったのに、まだその上を見ようとする自分がいたりします。キャンピングカーの快適化ってある意味「届かないゴール」みたいなもんで、上を見たらキリのない話なんですよね。

 

でも最近は肩の力が抜けてきました。

キャンカーは旅先では「家」ですが、広さも快適さも「家」と同じである必要は全くありません。少しだけ快適で、慎ましく仲良く過ごせる四畳半の空間を、旅先に持ち出せることがなんと素晴らしいことか。

自分たちが必要とする最低限の快適度をクリアしているなら、車を人に合わせるよう四苦八苦するよりも、自分たちが環境に合わせて楽しむ方がずっと建設的じゃないか?

先日エアコンの記事を書きながらそんなことを思ったんですよね。

 

納車されて1年。相棒との遊びは本当に楽しかった。

「足るを知る」の精神があれば、コルドリーブスは私たちに十分以上の快適さ・楽しさを与えてくれる、素晴らしいキャンピングカーだと感じています。

 

キャンカーのリビングでゴロゴロする時に便利なもの

ペンドルトンのタオルブランケット

夏の寝具や昼寝の時に便利。キャンプの時に奥さんがよく包まってますw 

カップディスペンサーがあれば、寝起きにサッと水分補給できますよ。こちらは両面テープで貼り付けるタイプなので穴を開けずに済みます。

キャンピングカーの旅と良かったことをまとめてみました