イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

釣りが何倍も楽しくなる!キャンピングカーで釣りに行くメリット

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20170201222058j:plain

キャンピングカーで釣りは何倍も楽しくなります。

私がキャンピングカーを買った目的のひとつが、釣りの相棒&ベース基地に使いたいということ。

実際に釣りに行ってみると、想像以上にメリットがたくさん。

 

目次

 

どんな釣りもキャンピングカーと相性バッチリ

釣りにも色んな種類があります。

  • 川(源流・渓流・本流etc)
  • 淡水(ダム・湖・管理釣り場etc)
  • 海(船・堤防・磯・筏・ボートetc)

もちろん釣り方もさまざま。

私の場合、夏の「鮎の友釣り」と、秋~春の「アオリイカのヤエン釣り」がメインの釣り。ヤエンに関しては、漁港で釣る場合もありますが、ボートで出る方が多いですかね。

 

先週ものんびりとボートでアオリイカを釣りに行ってきました。釣果はイマイチでしたけど…

f:id:ayuman18:20170202002925j:plain

 

キャンピングカーは、どんな釣りとも相性バッチリだと思います。

それは釣りの面倒な部分を補完して、より楽しませてくれるから。

 

釣りの面倒なところ

f:id:ayuman18:20170202000809j:plain

中国のことわざにこんな言葉があります。

  • 一日幸福でいたかったら、床屋に行きなさい
  • 一週間幸福でいたかったら、結婚しなさい
  • 一ヶ月幸福でいたかったら、良い馬を買いなさい
  • 一年幸福でいたかったら、新しい家を建てなさい
  • 一生幸福でいたかったら、釣りを覚えなさい

釣り人の私は心から納得w

 

そんな幸せになれる釣りですが、やはり面倒なところはあって、特に体力的な面ではかなりシビアな遊びです。

  1. 朝が早いor夜が遅い
  2. 冬は寒く、夏は暑い
  3. 宿を予約しづらく、寝場所の確保が大変
  4. 帰り道は「超」眠たい

 

「自宅から釣り場まですぐ」なんて恵まれた環境でなければ、どれかに該当するでしょう。

キャンピングカーはこの問題点を見事にフォローしてくれます。

 

キャンピングカーで釣りに行くメリット

キャンピングカーで行く釣りには、たくさんのメリットが。

それは普通車では味わえないもの。

 

1.前乗り車中泊が楽々できる

「朝まずめ・夕まずめ」釣りで一番アツいのはこの時間。

船やボートで出る場合も、まずめの時間は必ず入れてきますし、場所取りの面からも朝一番が基本です。

 

タフな人なら早く寝て朝着くように動きますが、私のような夜更かしだと、このパターンでは一睡もせず一日中釣りをする羽目に。

 

仕方なく前乗りして現地で仮眠を取るスタイルになりましたが、これがけっこうキツイ。荷物満載の車でゆっくり寝るのは厳しいし、夏は暑く冬は寒くてたまったもんじゃありません。

 

それでも10年以上、工夫しながら続けてきました。でも年を重ねるごと億劫に。

こんな人は、たくさんいるんじゃないですか?

 

キャンピングカーならこの問題を一気に解決してくれます。

  • きちんとしたベッドでしっかり眠れる
  • 暑さは厳しいが普通車とは段違い(鮎釣りの場合)
  • FFヒーターで寒さは全く問題なし

釣りって本当に体力を使うので、前日にしっかり眠れるかどうかは、集中力に大きな違いが。結果として釣果にも影響するんですよね。

 

2.面倒な宿の問題もノープロブレム

f:id:ayuman18:20170202000954j:plain

釣りは天候や条件次第。

船などを予約してるなら仕方ないですが、基本的に少しでもいい条件で釣りをしたいもの。

  • 増水してたら違う川へ
  • 波が高ければ波の低い海へ
  • 日本海側が雨なら太平洋側へ

 

もっと言えば、より釣れそうな場所に行きたいのが釣り人の心情。釣行先はギリギリのタイミングで決めたいものです。

天候や釣果情報次第で「宿」の予約もなかなかできません。


日帰り釣行メインの人には問題ないですが、私は鮎釣りの時は泊まりが基本。入ってみて厳しそうなら、思い切って別の川に移動することもあるので、宿を含め、どこで寝るかは切実な問題でした。

 

キャンピングカーが来て、この問題もさらりと解決。

もちろん「もう一日やってこうか?」なんてことにも対応可能。

 

3.暑い・寒いに強い

真夏の釣りは日陰がないと地獄の暑さ。

断熱の効いたキャンピングカーは、真夏の日中でも窓を全開にして風を取り込めば、意外と涼しくのんびり昼寝も可能。サイドオーニングの下でする昼寝は最高に気持ちいいんです。

 

冬の寒さも苛酷。

一度冷えたら大変な体も、「FFヒーター」が効いた車内に入ればすぐに暖まります。暖房の効いた車内でのんびりとコーヒーでも飲めば、折れた心も復活!またやる気も出てきます。

 

北風の強い日なんて外で食事する気になりませんが、キャンピングカーなら車内でゆったり食事もできるんですよ。

 

f:id:ayuman18:20170202000153j:plain

 

今週はボート釣りだったので、ジェットボイルを持ち込んで、ボートの上で暖かいカップラーメンを頂きました。

ジェットボイルは釣りの湯沸かしには一番。キャンピングカーの中はもちろん、風が強い海の上でも素早く沸かせるのが素晴らしい。

 


4.帰宅時の「超」がつくほどの眠気も、仮眠して安全に帰れる

釣りの帰り道は「超」がつくほど眠たい。

ただでさえそうなるのに「酔い止め薬」なんて飲んだら、フラフラするというか、耐えられなくなるというか。居眠り運転の危険がすごく高い。

 

そんな時は、キャンピングカーのベッドで無理せず寝て帰るべき。1時間半も寝たら、めっちゃスッキリします。

 

家に無事帰るまでが釣り。

キャンピングカーなら、しんどい時はゆっくり仮眠できるので、安全に帰れるんです。

 

5.その他のメリット

f:id:ayuman18:20170202001800j:plain

キャンピングカーで釣りに行くと、他にも大小たくさんのメリットがあるんですよ。

  • 釣れない時間に、昼寝や車内でのんびりして、釣れる時間に集中できる。
  • 海でもすぐに真水で手が洗える
  • 冷蔵庫・キッチン・食材があるので、食事のバリエーションがある
  • トイレ付きのキャンピングカーなら、トイレが無い場所でも釣りが可能。また女性も連れていきやすい
  • 外部収納があるキャンピングカーなら、車内の匂いが気にならない

キャンピングカーは釣りのポイントに、自宅を持ち出すようなもの。

本当に楽チンな釣りができるんです。

 

キャンピングカーで釣りをするデメリット

実はキャンピングカーの釣りには、たった二つだけデメリットがあります。

  • キャンピングカーで遊ぶのが楽しくて、釣りに行く回数が減る
  • キャンピングカーで休憩してると気持ちよくて寝すぎる

実に前向きなデメリットですw

 

釣りに向いてるキャンピングカー

f:id:ayuman18:20170202001101j:plain

一番大事なことは大きすぎないこと。

海ではあまり問題になりませんが、川ではサイズがダイレクトに影響します。

 

ザックリ言えば

  • ソロ前提なら「軽キャンピングカー」
  • 汎用性が一番高いのは、スパロン以外の「バンコン」
  • 海釣りなら「スパロンベースのバンコン」や「キャブコン」

こんな感じでしょうか。

 

ソロが前提・渓流釣りは「軽キャンパー」が最強

f:id:ayuman18:20170202001227j:plain

軽キャンパーは大前提が「ソロ」

夫婦ならともかく、野郎二人ではちょっと行く気になりません。

でも「ソロ」なら最高の釣り車だと思います。

 

特に川の上流部がポイントになる渓流釣りや鮎釣りの場合、駐車場所やすれ違いに苦労するもの。そんなポイントで軽キャンパーの機動力はすごい魅力。


海や淡水でもラン&ガンで移動しながら釣る場合は、軽キャンピングカーが一番やりやすいでしょう。

 

バンコンは「ザ・釣り車」汎用性がめっちゃ高い!

f:id:ayuman18:20170202001328j:plain

海でも川でもなんでもよし。

移動中の快適さ、多人数が可能・積載力・拡張性、どれをとってもベストな釣り車だと思います。

 

釣り用のパーツも豊富だし、ボートの積載や牽引にも最適。

メインの遊びが釣りなら「バンコン」一択じゃないでしょうか。

 

 

ただしスパロンで渓流はキツイのと、ハイエースなので盗難がちょっと怖いのが玉に瑕ですね。

盗難には十分注意しましょう。

 

キャブコンは「海」が一番

f:id:ayuman18:20170202001430j:plain

キャブコンには海釣りが一番。

特に車を横付けできる漁港では最強で、家のとなりに釣り場があるみたいなもんw

また男3人以上で釣りをする場合も、キャブコンがいいでしょう。

 

でも渓流釣りや上流部の鮎釣りには全く向いてません。

すれ違いは大変だし、ブッシュがキツイし、河原に入ると重量で沈みスタックしやすいので、ポイントを慎重に選択しなくては。


ちなみに私がブッシュを気にせずに入った時の姿がコレw

f:id:ayuman18:20170201234656j:plain

ブッシュの木を引っ掛けたまま、しばらく走り続けたらしく、立ち寄ったお店から出た時に自分の車を見て、腰が抜けそうになりました。

車高の高い車が上流の釣りに向いてない典型的な例です。

 

まとめ:キャンピングカーで釣りは何倍も楽しくなる!釣果もUP

f:id:ayuman18:20170202001507j:plain

釣りとキャンピングカーの相性は抜群。

特に機動力と体力面を思い切りカバーしてくれる、最高の相棒。

 

結果、釣果もアップ!

キャンピングカーは釣りを何倍も楽しくしてくれる究極のギアです。

 

もうひとつの釣果アップギア:偏光グラス