イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

びわ湖で水遊びができる「六ッ矢崎浜オートキャンプ場」トイレの工夫で快適度UP

この記事をシェアする

f:id:ayuman18:20170530004818j:plain

2017/5/20~21

びわ湖のほとりにある雰囲気抜群の「六ッ矢崎浜オートキャンプ場」へ行ってきました。

フォトジェニックな雰囲気があるフリーサイトは素晴らしい反面、なんでこれなの?というトイレがあったり。人を選ぶキャンプ場ですね。

目次

  

六ツ矢崎浜オートキャンプ場の基本情報

住所:高島市新旭町深溝六ッ矢崎浜園地連絡先 

連絡先:(公社)びわ湖高島観光協会

キャンプ場使用料

  • 1 泊:小・中学生600円、大人1,000円
  • 日帰り:小・中学生300円、大人500円
  • 駐車料:普通車1000円/バイク500円/ペット500円(キャンピングカーは2000円)

営業期間:4月1日~11月30日
営業時間:チェックイン12:00~17:00/チェックアウト12:00まで(デイキャンプの場合は9:00~17:00)

 

六ッ矢崎浜オートキャンプ場へのアクセス

湖西道路は相変わらずバカ混みです。

京都市内からなら、時間帯によっては大原〜途中〜真野ICを抜ける方がずっと早いですね。私もこちら方面に向かう時はいつもそうしています。

 

買い物は平和堂で。「味付けかしわ」食べてみて。

f:id:ayuman18:20170530004920j:plain

買い物は「平和堂あどがわ店」がおすすめ。

大きなスーパーマーケットなので品揃えは豊富。キャンプ食材の買い出しにはもってこい。特にお刺身は新鮮な小浜産のものがリーズナブルに購入できるんです。

 

あとは高島名物の「味付けかしわ」

f:id:ayuman18:20170530004938j:plain

これ、騙されたと思って一度食べてみてください。ほんとにうまいから。

そのまま焼いてもよし、野菜と一緒に炒めてもよし。

安いし、うまいし、岐阜の名物「けいちゃん」より柔らかく優しい味で、個人的にはこっちの方がずっと美味しいと思うんですよね。

 

フォトジェニックなフリーサイト

f:id:ayuman18:20170530005201j:plain

サイトは大きく分けて、びわ湖側・林間・道路側の3つとペットサイト。

区画なしのフリーサイトで、混雑度にもよりますが、かなりゆったり使えるのは間違いありません。

 

早い者勝ちなので、一番人気が高い湖側のサイトは早々に埋まってしまいます。こちらに設営したければ早めに行く必要があるでしょう。

 

なお、サイトには時々すごい段差があるので、車で侵入する際は注意してください。

 

びわ湖側のサイト

f:id:ayuman18:20170530005207j:plain

びわ湖が見えるというレベルじゃなく、テントの隣は「びわ湖」。

場所によっては背の高い草が生えていて、びわ湖が全然見えないパターンもありますが、設営したら気分は最高な場所ですよね。

なかなかフォトジェニックな営地でしょう。

 

ただし泳ぐ場合は注意が必要。

f:id:ayuman18:20170530010515j:plain

遊泳地ではないため、藻が繁殖していたり、深くなってたりして危険とのことです。お子さんからは目を離さないようにしたいですね。

水辺で遊ぶならライフジャケットを必ず着させるのが大人の役割だと思います。 

一応冷水のシャワーもあるのでm水遊びの後にはさっぱりできますよ。

f:id:ayuman18:20170530010608j:plain

 

林間サイト

f:id:ayuman18:20170530005301j:plain

f:id:ayuman18:20170530005345j:plain

夏場は無理に湖側に行かず、こちらの方が間違いなく涼しく過ごせます。

大きな木に囲まれて過ごす林間サイトも雰囲気は抜群です。また大きな遊具も林間の真ん中に設置されていて、お子さんも楽しそうに遊んでいました。

 

道路側のサイト

f:id:ayuman18:20170530005424j:plain

それほど通行量は多くありませんが、結構飛ばせる道なので時おりうるさい車が通ります。あまり人気がないため、ゆったり設営できるのはいいところ。

 

ペットサイト

f:id:ayuman18:20170530005938j:plain

f:id:ayuman18:20170530005746j:plain

実は一番いい場所じゃないの?と思う管理棟前の湖岸にあるサイト。そのためペットがいなくてもこちらに設営してる人たちもいました。

まさにフォトジェニックなサイトでしょう。

 

六ッ矢崎浜オートキャンプ場のトイレは最低レベル

f:id:ayuman18:20170530010007j:plain

これだけ環境のいいキャンプ場にもかかわらず、あんまり行く気がしないのは、ひとえにトイレの問題。

完全無欠のボットン、かつ、数も少ないので、混雑時はどうなるか想像もつく感じ。ほんと何年たってもリニューアルしてくれませんね。

 

水場は普通なんだけどなあ。

f:id:ayuman18:20170530010027j:plain

以前は面倒でも、「道の駅 しんあさひ風車村」まで歩けば水洗トイレがありましたので、何とかなりましたが、現在は営業休止。

散歩ついでに近くまで行ってみましたが、工事をしてる様子もなし。再開する気あるのかしら?

しんあさひ風車村の施設休止について | 高島市

 

そんな六ッ矢崎浜オートキャンプ場へ久しぶりに行く気になったのは、キャンピングカーにトイレがついてるから。

トイレに対する考え方は人それぞれなので、あまり気にしない人もいると思いますが、軟弱な私たちには結構ハードルが高いんですよね。

 

それに和式では用を足せない子が増えてますよね。特に真夏は小さなお子さんが楽しく遊べる場所なので、もったいないなぁ。

 

びわ湖周辺のキャンプ場はこんなパターンが結構あるので、キャンプでもお子さん用にポータブルトイレを持参するのもありかもしれません。

着替え用のポップアップテントにセットしておけば、いざという時にトイレを気にせず済みますよね。

処理を考えるなら非常用がオススメです。 キャンピングカーでもよく使われているんですよ。 

 

六ッ矢崎浜オートキャンプ場の注意点

トイレの問題以外にもいくつか注意点があります。 

びわ湖畔は風が強く吹く時間がある

六ッ矢崎浜オートキャンプ場だけに限った話ではありませんが、比良おろしや比叡おろしという名前がつくように、びわ湖周辺は風が強い地区。

ほとんどを高架で作ったという問題もありますが、JR湖西線はしょっちゅう強風で遅れたり止まったりw

 

穏やかだと思っていても、一日のどこかで強く吹くことが多いので、しっかり風対策はしておきましょう。

 

ワンタッチタープなどでも問題はありませんが、張り網をペグダウンしておいた方が無難です。

 

お風呂が面倒くさい

六ッ矢崎浜オートキャンプ場の場合、お風呂が面倒なんですよね。 

近くにあるお風呂も大したことはないし、まともな温泉を楽しもうと思えばマキノ高原の「さらさ」や朽木温泉「てんくう」まで行かなくちゃなりません。

 

いちおう近場では

  • ホテル可以登(かいと)(0740-22-5111)
  • 宝船温泉(0740-32-1293)

二つありますが、どちらもかなりイマイチ。何より規模が小さすぎて場合によってはかなり待ったり貸切だったりすることもあります。かといって、マキノや朽木てんくうに行くには遠いし、時間によっては大混雑してるしで、入浴はちょっと面倒です。

 

入浴にかかる時間をしっかり考えておかないと、思った以上に時間がかかったりするので注意が必要ですよ。

 

ブヨに注意!

初夏の水辺といえば…そう、奴ら(ブヨ)の出番です。

私、さっそくヤられました。もう一週間以上経ちますが、いまだに元気よく腫れています。痒いわ痛いわで、ほんとブヨって最強の虫ですよ。

 

もうこの時期から最盛期に入りますから、何はなくとも虫除けだけはしっかり持っていきましょう。後悔先に立たずです。

キャンプ当日

f:id:ayuman18:20170530004800j:plain

14:00ごろに着いたら、すでに湖側のサイトは満員。林間もかなり混雑していました。

空いていたペットサイトのそばでのんびり過ごすことに。

京都市内は30℃を超えて猛烈に暑い日でしたが、びわ湖の風は気持ちよく、到着したばかりのキャプテンスタッグ「カマドスマートグリルB6型」を試したり、のんびりと過ごせましたよ。

 

夕方はキャンプ場周辺をウォーキング。六ヶ矢崎浜オートキャンプ場周辺の湖周道路はズドーンと一本道で、すぐそばに外ケ浜や源氏浜などがあり気持ちよく散歩できます。

 

当日はボクシングの村田戦があったので、早めに食事を切り上げて車内でボクシング観戦。あまりにも納得のいかない判定にその後ヤケ酒を飲むことに。

 

まとめ

f:id:ayuman18:20170530004822j:plain

湖岸にあるフリーサイトですから、自由度の高さ、ゆったり感、フォトジェニックな雰囲気も含めて文句がありません。

 

それゆえに、ひたすらトイレが残念。

これは個人差がある問題なので、耐性が強い人には最高にオススメできるキャンプ場ですが、ダメな人は全くダメという極端な評価になると思います。

こんな場所を攻略するのに、お子さんが小さいうちは、ポータブルトイレで武装するのも一つの手だなと感じましたよ。

 

この日活躍したキャンプギア

夏場のキャンプなら虫除けは必須。普通の蚊取り線香ではダメですよー

リーズナブルで楽しめるギア。大人気アイテムになっちゃいました。

周辺のおすすめスポット

周辺のキャンプ場