読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イージュー☆camper

キャンピングカーでのお気楽アウトドアとくるま旅

トムタンデム&アネックスリバティNS:スタイルと走りはGOODでも全長が問題

f:id:ayuman18:20161014225316j:plain

大阪キャンピングカーフェアで気になった車。ハイエースベースのキャンピングカーの2台を。

目次 

 

トムタンデム

TOM200と比較すると、いきなり車格も内装もお値段も立派になります。トムバロンとTOM200の中間モデルとして発売されたようですが、どちらかといえばバロン寄り。

TOM200との大きな違いは

  • ベース車がスーパーロング
  • 車長が60cmも長くなる
  • バンクベッドレス
  • 後部常設ベッドの下段がセミダブルに
  • 後部収納が広大になること

 

ダイネット&バンク収納

この車も多人数での利用は想定してないと思うので、セカンドシートは固定の方が使いやすいんじゃないかなと思うんですが。それでもTOM200と比べると圧倒的に広く感じますね。

f:id:ayuman18:20161014154742j:image

TOM200にあったバンクベッドは、完全に収納スペースに。高さはありませんが、蓋が付いていて使いやすそう。無理にバンクベッドにしないことでヘッドクリアランスも余裕があり、こちらの方がリビングの居心地はいいでしょうね。

f:id:ayuman18:20161014155100j:image 

マルチルームは、余裕があり引き出し式にはなっていません。贅沢言えば窓があるといいんですけどね。

f:id:ayuman18:20161014155517j:image

 

後部常設ベッド

後部常設ベッドは珍しいタイプ。下段がセミダブルの常設ベッドで、上にシングルベッドが設置できるようです。下段セミダブルは120㎝幅なので二人で寝るには少しきついですが、仲良し夫婦ならいけるでしょうwしかし、3人寝れるといっても下に人がいたら、降りれないですよね。手荷物を置いたりするならすごく便利。

f:id:ayuman18:20161014160020j:image

ベッド下の収納は広大なスペース。車内からアクセスできるのは、ポイント高いですよね!しかし積みすぎには注意が必要。

f:id:ayuman18:20161014160034j:image

 

価格面は

ゴージャスになった分、TOM200より急に高くなりますね。

気になるのがキャンパー特装車がオプション扱いなこと。この車ならそちらを標準にすべきでしょう。この車で下のグレードはあまり選択しないように思います。FFヒーターもオプションですし、セキソーボデイさんは最低価格を意識しすぎな気が…。

必要なものつけてびっくり!意気消沈されるよりいいと思うんだけどなあ。この車でカッコよく!快適に!したら、乗り出しで4桁弱になるでしょうね。

f:id:ayuman18:20161014181302j:image

 

問題点はサイズですね。

やっぱり一番問題なのはサイズですね。スタイルはいいし、社内の質感も言うことないし、快適に過ごせるのは間違いない車です。

全長5,600×全幅1,980×全高2,650㎜

高さ・幅は何とでもなりそうですが、全長が5600㎜となるとかなり気を使いそう。

ちなみにスパロンで普通の駐車場に停めるとこんな感じ。

f:id:ayuman18:20161014165501j:image

めっちゃはみ出してるのがわかると思います。なので駐車にかなり気を使ったんですよね。ここから更に20㎝以上長いとなると、普通の駐車場には止めれないような。観光地の駐車場も広い所ばかりじゃないため、入れないところも出てくるでしょう。

 

またベース車がスパロンで、リアオーバーハングが20㎝以上長ければ、細い路地はお手上げ。少なくとも京都の私の自宅近辺は無理です。確実に都会では持て余すサイズなので、この点だけはよく確認した方がいいと思います。

  

それにしても見た目はいいしかなり贅沢な仕様。走りも良さそうですし、乗ってる方が羨ましい。サイズが許すならイチオシの車ですね。

 

アネックスリバティNS

f:id:ayuman18:20161014223511j:plain

こちらは中にはいれませんでしたので、雰囲気だけ。外観はひたすらかっこよく、内装はめっちゃドレッシー。

f:id:ayuman18:20161014223744j:plain

f:id:ayuman18:20161014223753j:plain

f:id:ayuman18:20161014223817j:plain

f:id:ayuman18:20161014223835j:plain

f:id:ayuman18:20161014223829j:plain

もはや欧州車クオリティ!

見た目は、国内のキャブコンで一番じゃないでしょうか。外観だけでなく内装もドレッシーで高級感にあふれています。乗り出しで4桁以上になりますが、パッケージとしてオプションが設定されているので選びやすいし、足回りも含めて手を入れるところがほとんどなさそう。

サイズと価格から買い手を選ぶことだけは間違いない車です。

f:id:ayuman18:20161014223738j:plain

 

まとめ:スタイル抜群だけど使い勝手は慎重に検討すべきですね

ハイエースベースのキャブコンでバンクベッドレスの二台。

国産のキャンピングカーとは思えないスタイリッシュかつ、強烈に押しの強い見た目はハイエース好きじゃなくても素直にカッコいいと思うのでは?

しかもこの見た目は、走行安定性を突き詰めた結果なので走りにも期待できます。内装もドレッシーで使い勝手もよさそう。所有すれば高い満足度が得られることは間違いありません。

 

反面、どうしてもサイズが大きくなるため、取り回しや駐車場など苦労することは明らか。またこのサイズ・価格にならデュカトベースの欧州車も選択肢に入ってきてしまいます。

 

サイズ以外文句のつけようがない素晴らしい2台ですが、サイズってすごく大きな問題。色んな意味で悩ましい車ですね。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

 

こちらもおすすめ